<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

揃うと最強(3/2 山陰ヤリイカ)

0

    JUGEMテーマ:魚釣り

     

     

    前回の記事で”暖かくなるまで釣りはお休み”と書きましたが

    その舌の根も乾かないうちにヤリイカを釣りに行ってきました。

    出れる時には言ってください、と船長にお願いしてから約一ヶ月。

    もう無理かなーと諦めかけていたところだったので連絡が来た時には小躍りして喜びました。

     

     

    で、当日3/2の夕方に浜田の港に降り立つ私と夫とK神さま。

    3人ともお正月以来ほとんどまともに釣りをしていないのでやっと海に出れてうれしいのですが

    うれしさを掻き消すがごとく、海には割と強めの風が吹いています。

     

    船長「いやー、こんなに風がでると思わんかったもんでな 出ても行くとこあるかなー」

     

    えー(;´Д`)昼の予報だと風も波もない感じだったのに。

    で、船長が私のヘルニアの具合を慮って水深浅目の風裏の場所に入ってくださいました。

    最初行く予定だった場所は水深40mと聞いていたのでずいぶん岸寄りです。

     

     

     

     

    昼間は晴れていましたが、夕方からは曇ってきました。

    しかし気温はそこまで低くなく、素手でも全然釣りができそうです。

    最初はオモリスッテとエサ付きのスッテでイカをおびき寄せる作戦からスタート。

     

     

    どうのこうの言ってもイカ釣りはイカ電球が点灯してからが本番なので

    それまではパンを食べたりあれこれ試したり。

    私たちの船がいるところは風もなく波もなく穏やかなもんですが

    沖を見ると船や島影が波の間に見え隠れしているので

    やはりこの場所だけが特別なんだな、と思いながら海を眺めているうちに

    辺りがとっぷりと暗くなり、いよいよお待ちかねのイカ電球がスイッチオン。

    さー、ここからは気合をいれてかんばるぞー。

     

     

    しかし、時折イカがぽつぽつとあたってくるものの、

    ちょっと釣れては休み、ちょっと釣れてはまた休みで

    どうやらイカが回遊してきたタイミングでしか釣れていない模様です。

    うーむ、イカ電球が点いているのにこの周回の長さだと

    今日はそこまで数が伸びないかも、と思っているうちにまったくアタリがなくなり

    しばらく沈黙の時間を過ごすこととなりました。

     

     

    あまりにぱったりとアタリが無くなったので、なんでかなーと思っていましたが

    ふと思い立ち潮汐表をチェックしてみたところちょうど潮止まりの時間でした。

    潮が動き始めたらまたイカが釣れるかもーと気楽に釣りを続けていたところ

    ある時を境に一気にイカのラッシュが始まりました。

     

     

    そもそも夏のケンサキイカと違いヤリイカのアタリはとても小さくて繊細、ですが

    この日のヤリイカはやる気がすごく、

    水深20mの場所にも関わらず水面から10mのところにイカの層ができているらしく

    10mに仕掛けが落ちると5秒待たずにイカが仕掛けにのってきます。

    まさに入れ食い状態、ダブルトリプル当たり前の世界です。

    K神さまに至っては置き竿と持ち竿の二刀流でイカ漁の漁師と化していました。

     

     

     

     

    あまりに釣れまくるので10分足らずで足元のカゴがいっぱいになる有様。

    3人で言葉も交わさず黙々と釣り続け、23:00に納竿しました。

    帰りの道中で船が波にばうんばうん揺られたので

    やはりこの日は風も波もそれなりに強かったのでしょう。

    しかし、私たちは船長の確かな経験と海況の読みのおかげで風波にさらされることなく

    平穏に釣りができ、しかも大爆釣。

    色々揃ってこれ以上ない最高のヤリイカ釣りができました。

    正福丸の杉原船長、本当にありがとうございました。

     

     

     

     

    まさかこんなに釣れると思っていなかったので

    持って行ったビニール袋にイカが入りきらず、半分は丸出しのままで持って帰りました。

    でも大きい袋もっていくと釣れなかったりするんだよなあ。

    イカの数は夫と二人でヤリイカ165杯、ケンサキイカ6杯でした。

     

     

    まだもうしばらくは浜田のヤリイカは釣れそうな感じです。

    ただ海が荒れるからそこが問題。

    あ、うちはもう行きませんよ、もう冷凍庫に入らないしぃ(・3・)〜♪


    スポンサーサイト

    0
      • 2019.08.02 Friday
      • -
      • 13:21
      • -
      • -
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      お疲れ様でした。
      そりゃーね、165杯も釣りゃ冷蔵庫には入らんよね。。(゚Д゚;)
      家の冷蔵庫は空っぽですが・・・

      自分も行きたいけど、今は花粉症で死んでます。
      でも、夏のイカメタルは4か月連続で予約してます。(〃艸〃)ムフッ
      • かっちん
      • 2019/03/09 9:40 AM
      かっちんさん、こんにちは(・∀・)

      うちの夫も花粉症で死んでいますが
      ヤリイカの魅力には勝てなかったようです。
      私はあの日風邪をひいていたのですが
      翌日から悪化して寝込みました。
      バカとお呼び下さい。
      • ぐりこ
      • 2019/03/11 8:50 AM
      コメントする








         

      ブログ村

      海快晴

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      • 近場でなんとか
        ぐりこ
      • 近場でなんとか
        かっちん
      • 近場でなんとか
        ぐりこ
      • 近場でなんとか
        かっちん
      • 究極の…(6/22 スロージギング)
        ぐりこ
      • 究極の…(6/22 スロージギング)
        かっちん
      • 久々爆荒れ釣行(4/29 日本海スロージギング)
        ぐりこ
      • 久々爆荒れ釣行(4/29 日本海スロージギング)
        かっちん
      • すべてこの場所で(4/6 メバル)
        ぐりこ
      • すべてこの場所で(4/6 メバル)
        かっちん

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      PR