<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

手はべたべたになります

0

    JUGEMテーマ:料理

     

    これまで釣って帰った魚のアラはアラ炊きにするか、じっくり煮出して汁物にするかのほぼ2択。

    それで特に不満なくうまいうまいと食べてきましたが

    ここ最近、魚のアラが出た時の超おたのしみ料理が登場しました。

     

    それはブイヤベース。

     

    本来は大量の魚のアラを長時間煮出して濃厚なスープをとらないといけないらしいのですが

    そこは文明の利器である圧力鍋におまかせです。

    それでは手順スタート。

     

     

    ----用意するもの----

     

    魚のアラ お好きなだけ ※今回は鯛50up2匹分 アコウ40up2匹分使用

    ニンジン 1本

    玉ねぎ  大1個

    セロリ  1本(葉はむしって茎だけ使用)

    トマトサルチャ または トマト水煮缶1個

    白ワイン 200cc

    サフラン 適量(ハウスの瓶入りので半分くらい)

    ローリエ 2枚

    海老(できれば有頭海老) 好きなだけ

    白身の魚 好きなだけ

    あさり  好きなだけ

    にんにく 2かけ

    オリーブオイル 適量

    ブイヨン 適量

     

     

     

     

    玉ねぎ大1個(中なら2個)、ニンジン1本、セロリ1本を薄切りにして

    ボールでざっくり混ぜておきます。

     

     

     

     

    きれいに水洗いして血や汚れや正体不明のびろびろなどを取り除いた魚のアラを圧力鍋にいれます。

    今回は鯛とアコウを使いました。

     

     

     

     

    鍋に魚ひたひたの水を注ぎ、蓋をせずに火にかけます。

    沸き立ってきてアクが出たらとります。

    蓋をするとアクは処理できなくなるのでここは念入りに。

     

    アクがきれいにとれたら薄切りにしておいた野菜の半分とローリエを鍋にいれ

    圧力鍋の蓋をします。

     

     

     

     

    15分加圧します。

     

     

     

     

    15分たったらすぐに火からおろし、水で急冷します。

    鍋も熱いし蒸気も出るのでやけどに気をつけて。

     

     

     

     

    冷ましている間にスープ作りの準備をします。

    まずは100ccの白ワインにサフランを入れておきます。

     

     

     

     

    厚手の大き目の鍋にオリーブオイルをいれて弱火にかけ

    みじん切りにしたにんにくをいれて香りが出るまでじわじわ火をいれます。

     

     

     

     

    にんにくから香りがでてうっすら茶色くなったら残りの薄切り野菜をいれて

    火を中火にして炒めます。

     

     

     

     

    しんなりしてかさが減ってきたら弱火にして

     

     

     

     

    さてここで我が家の秘密兵器登場。

    トルコのトマトペースト、サルチャです。

    トマトのみをじっくりと煮詰めてペーストにしたトルコにおける味噌な醤油的なもの。

    これすごく便利なんですよー。

    カレースプーン2杯でトマト水煮缶1缶に相当する濃さ。

    煮詰めてあるので水分を飛ばす時間も短縮できるのでトマトソースなども簡単にできます。

    しかも1瓶700gも入ってて超でかい。

     

     

     

     

    で、炒めた野菜にそのトマトサルチャをカレースプーン2杯分投入。

    トマトの水煮缶の場合はここで1缶入れてください。

     

     

     

     

    野菜と絡めてペースト状にまとめ、火からおろします。

    トマト水煮缶の場合は少し煮詰めてください。

     

     

     

     

    先ほど急冷した圧力鍋のふたをとります。

    ここでものすごい濃厚な魚の香りが立ち上るのが醍醐味。

     

     

     

     

    野菜をいためた鍋に圧力鍋の中のスープを濾しながら注いでいきます。

    お玉の底をぎゅうぎゅう押し付けながら少しずつ絞るようにすると無駄がないです。

    骨までほろほろになっていてまさにでがらしって感じになってます。

     

     

     

     

    スープを全部いれたら再度火にかけ、サフランをワインごと鍋に入れます。

    カップにサフランの色が残っているので

    残りのワイン100ccでそれをすすいでいれると無駄がありません。

    塩やコンソメで味を調えて少し煮詰めるとスープのベースは完成。

    ここにアサリや海老や魚の身をいれて火を通すと

     

     

     

     

    ブイヤベースの完成です。

    立ちのぼる海の香り!濃い魚介のエキス!ものすごい御馳走感!

    これがあると2人でワイン1本くらい余裕です。

    悔やまれるのは冷凍庫にぱんぱんに入っているイカを入れ忘れたことくらいです。

     

     

    これを作り始めてから魚を釣って帰るのが更に楽しみになりました。

    いや〜釣りっていいもんですよね。

    早くまた海に行きたいな。

     


    スポンサーサイト

    0
      • 2017.07.28 Friday
      • -
      • 09:51
      • -
      • -
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      お久しぶりです。
      今回は家庭科編でしたか!! 笑

      しかし・・・
      どれも美味しそうに出来るものですね。
      うちの神さんに教えてほしいっす。

      わたし・・・
      相変わらず釣りしてません。
      盆に行くかも・・・虫マサ釣りに・・・ 汗
      • かっちん
      • 2016/08/10 6:37 PM
      かっちんさん、こんにちは(・∀・)

      最近は似通ったものしか作ってなかったので
      なかなか料理部門の更新ができませんでしたので
      ちょっとがんばりました。

      >盆に行くかも・・・虫マサ釣りに・・・ 汗

      ヒラマサの虫は糸状のじゃないのがつくんでしたっけか。
      どちらにしても捌いてみないと分からないのが困りものですよね。
      私はこないだイカメタルのついでに釣ったアコウがヒジキムシだらけで泣きそうでした。
      夏はこれだから…。
      • ぐりこ
      • 2016/08/17 9:58 AM
      コメントする








         

      ブログ村

      海快晴

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      • お年玉的なもの
        ぐりこ
      • お年玉的なもの
        かっちん
      • 良い一日(12/3 ウマヅラ&タチウオ)
        ぐりこ
      • 良い一日(12/3 ウマヅラ&タチウオ)
        かっちん
      • 神と呼ばれて(11/26 ウマヅラ)
        ぐりこ
      • 神と呼ばれて(11/26 ウマヅラ)
        S田
      • 手はべたべたになります
        ぐりこ
      • 手はべたべたになります
        かっちん
      • 人生初&今季初
        ぐりこ
      • 人生初&今季初
        かっちん

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      PR