<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

釣ったった感

0
    JUGEMテーマ:魚釣り

    ハ○イさんのお誘いでチャーターの船で萩沖に浮かんできました(・∀・)
    狙うのは根魚、久々のスロージギングです。


    ハ○イさんにチャーターのお誘いを受けてからというもの、
    夫も私も本当にこの日を楽しみに生きてきました。
    たとえ前日まで台風並みの低気圧が到来して毎日ドキドキしながら天気図を見ていても
    仕事で面倒なことが次から次へとやってきても
    当日の出船時間がAM4:30の為、ほとんど寝ないで家を出なくてはならなくても
    萩沖で大きいカサゴやアコウが、
    パワフルなヒラマサが、
    釣ったことがないハタ類が、山盛りで私たちを待っている!





    ということで、釣り場到着。
    前日まで荒れた影響で波気があり空も暗いですが、回復傾向なので気になりません。
    さー、がんばっちゃうよー!


    しかし、海からの反応は芳しくありません。
    というか砂漠です。
    魚が底に張り付いているのかジグを1mでも上にあげるともうアタリがでません。
    時折船の下を通りがかった青物がぱたぱたっと連続で水揚げされる以外は
    盛り上がる場面もないままに時だけが過ぎていきます。
    むー、この状況を打開する方法はないものか。
    なんとかしたいのはやまやまなのですが、色んなことを試す引き出しがあまりない上に
    すでに腕が限界を迎えていたためおとなしくジギンガーからインチク使いに転身しました。
    しかし魅惑のタコベイトにもあまり反応がなく手詰まり感でいっぱいです。


    そうこうしているうちに時間的にここが最後かなというポイントに到着。
    この時点で我が家のクーラーに入っているのは中カサゴ1大カサゴ1です。
    なかなか乗れない船で釣りができたのでおおむね満足ではあるのですが
    欲を言えばもうちょい釣りたかったなぁと思いつつインチクを底の方でこちょこちょしていると
    ある時を境にちらほらと魚の反応が見られるようになってきました。
    おおお?もしかして時合キタ?





    最後の流しで奇跡がおきたのかここまで盛り返しました。
    釣りの終盤で祭りがくると釣ったった感があっていいですな。
    アコウやアオハタ、デカサゴやアヤメカサゴや豆ヒラと魚種も多彩です。
    しかし圧巻はなんといってもこちら。





    夫の釣ったマハタ、51cm。
    これがヒットした瞬間ロッドが海面に突き刺さるのを見てデカいとは思いましたが
    余裕の50オーバーとはなんともうらやましい。


    ということでここからは食の記録です。
    久々の根魚三昧旨かったなー(うっとり)





    まずはアコウでしゃぶしゃぶです。
    港の近くで買ったほうれんそうと豆腐も一緒に鍋にイン。





    レンコダイを使ったトマトソースのスパゲティ。
    レンコダイの身はソテー、骨やアラはソースの出汁になりました。
    皮目がパリっと焼けてて旨かったです。





    根魚の身のから揚げと、バラ海苔とこごみの入った潮汁。
    潮汁の出汁は根魚のアラで煮出しました。
    ほんと根魚は捨てるとこがないなー。





    デカいカサゴが釣れた時のお楽しみ、アクアパッツァ。
    湯気でソフトフォーカスになり若干メルヘンチックな料理写真ですな。
    身を少し残しておいて残ったソースととともスパゲティにすると悶絶の旨さです。





    身がやわらかめと聞いていたアオハタは中華風の蒸し物になりました。





    アコウよりこういう料理に向いているように思いました。
    個人的な感想ですがアコウは蒸し物にするにはちょっと弾力がありすぎなんだよね。
    アオハタは程よい感じでした。





    で、いよいよお楽しみのマハタの登場です。
    ビニール袋にぴっちり包んで一週間ほど冷蔵庫で寝かしました。





    大きいハタ類の鱗をとる時は包丁で梳き引きにすべし、という情報を入手したので
    この日の為に柳葉包丁を砥ぎに出して準備しておりました。
    慎重に鱗と皮の間に包丁を入れて鱗を梳いていきます。





    すっかり美白のきいたマハタさん。
    ヒレの近くの鱗は包丁でこそげましたがおおむね丸裸です。
    表面を覆っていたヌルヌルもきれいになり、いよいよ解体。





    鍋用に厚めの切り身になりました。
    脂がのってしっとりした白身です。
    しかし写真が悪いので全部だいなしで残念(TωT)





    マハタのアラと昆布で煮出した出汁で鍋にします。
    皮と身の間の脂が鍋の表面にぽわぽわと浮いてきて見るからに旨そうです。





    実際食っても超うまい。
    薄皮を削いでいるせいかまったく生臭みがなく、厚めに切った身はうまみの塊です。
    食べながら夫にありがとうと何度も言いました。
    そのくらい旨かったです。


    中盤までは厳しめでどうなることかと思った今回の釣りですが
    終わってみれば学ぶことがいっぱいありました。
    誘っていただいたハ○イさん、タ○トウさん、タ○ミさんありがとうございました。
    とりあえず今後は釣れたデカい魚のうろこは包丁で梳き引きにしようと思います。

    スポンサーサイト

    0
      • 2018.06.26 Tuesday
      • -
      • 10:26
      • -
      • -
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      ぐりこさん、こんにちは^^
      マハタは内臓とエラだけ取って
      うろこはそのまま寝かせてるのですよね?
      少し前に山陰でマハタGETしまして
      寝かせた後、ぐりこ家のマネさせてもらい鍋にしました^^
      半身は刺身
      残りを柵にして寝かせたました
      旨かったのですが
      もっと寝かせればさらに美味しかったのかなぁと・・・・

      実はブログやっとりまして
      事後報告なのですが
      ぐりこさんのブログリンク勝手に貼らせてもらいました
      スミマセン><
      • Tyler
      • 2016/05/26 5:46 PM
      Tylerさん、こんにちは(・∀・)

      >マハタは内臓とエラだけ取って
      >うろこはそのまま寝かせてるのですよね?

      そうですそうです。
      サイズにもよりますが、刺身の場合は1〜3日、火を通す場合は5日から一週間くらい寝かせています。

      ブログ拝見しましたがお料理上手ですね!
      私の荒ぶる料理写真を掲載するのがさらに恥ずかしい感じになってきました(笑)
      こちらからもリンクさせていただきます。
      よろしくお願いしますね(・∀・)
      • ぐりこ
      • 2016/05/27 9:51 AM
      ぐりこさん
      ありがとうございます、リンクもです
      次マハタとご対面した際はキッチリ寝かせます!

      料理はこれが大したことないんです;
      写真の撮り方で騙しておるのですよ><

      魚の食べ方など、ぐりこさんのを参考にさせてもらってます!
      料理の記事も釣り記事と同じく興味津々
      次の釣行は何狙いですか?
      新記事UPが待ち遠しいです^^
      • Tyler
      • 2016/05/27 10:02 PM
      コメントする








         

      ブログ村

      海快晴

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      • 注意力散漫(6/16 ひとつテンヤ)
        ぐりこ
      • 注意力散漫(6/16 ひとつテンヤ)
        かっちん
      • 復帰の喜びと自業自得
        ぐりこ
      • 復帰の喜びと自業自得
        Tyler
      • 行きたいようなそうでもないような
        ぐりこ
      • 行きたいようなそうでもないような
        かっちん
      • 爆風釣行とサワラ活用法(11/4 サワラ釣り)
        ぐりこ
      • 爆風釣行とサワラ活用法(11/4 サワラ釣り)
        かっちん
      • あちこちパンパン
        ぐりこ
      • あちこちパンパン
        かっちん

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      PR