<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

あの日あの時あの場所で君に会えなかったら

0

    JUGEMテーマ:魚釣り

     

     

    お盆明け、夫は2度目の、私は人生初のカツオ釣りに行く予定です。

    そのためのタックルも購入し、じわじわと準備を進めているのですが、

    私がキャストがへたくそであまり飛距離が出ない、という問題があります。

    カツオのなぶら撃ちでのキャストといえば、ルアーがどうこう、ベイトがうんぬん以前の

    基本にして極意ともいえる非常に大事なことです。

    今回購入したカツオ用のロッド(MCワークス Slowhand 833PD)は

    これまでサワラなどで使っていたものよりもロングレンジで、

    振りかぶってからルアーの重みをロッドにのせタメを使ってキャストする一連の動作が

    いまいち下手くそな私は『ロッドをへし折ってしまうかもしれない…』という恐怖に震えており、

    夫に自主練を申し出て、二人でキャストの練習をしに西の方へ車を走らせました。

     

     

    当初は周防大島の適当な場所で投げ込みを行う予定でしたが、

    玖珂のICを降りて、先に昼食をとろうと柳井方面へ向かっている時に

    ふと思いつくことがありました。

     

    私 疾風がおいてある港のとこ、砂浜や堤防がなかったっけ?

    私 大島に行って場所を探してうろうろするよりあの港に行った方がいいと思う。

    夫 あ、それがいいね 内山くんもおるかもしれんよ

    私 いや、内山くんは海に出てるでしょ

     

    で、実際に港に到着してみると、きっちり内山くんが港にいました。

    おおおー!内山くん!ひさしぶりー!

     

    聞けば午前中イサキ釣りで海に出ていて、港に戻ったところだったそうです。

    そうかー、夏といえばイサキだね、そういえば釣れるとこあるって言ってたね。

     

    内山くん もしよければ一番大きいイサキ持って帰りますか?

     

    え!?マジで?でもそんなの悪いよ。

    イサキは魅力的だけどさすがにそれはおばちゃん『うん』て言えないな。

     

    私 わー、ありがとう

     

    心とは裏腹にさっくりとお礼を言ってしまうこの口が憎い。

     

     

     

     

    ということでうきうきしながら、キャストの練習を開始。

    2本持ってきたロッドのうちの1本がジギング用だった、という脱力アクシデントもありましたが

    小1時間、夫と2人で変わりばんこにペンシルやジグなどを投げる感触を確かめて

     

     

     

     

    内山くんにイサキもらって帰りました。

    ありがとうありがとう内山くん。

    もらったイサキは42センチあって身がぱんぱんです。

    キャストの練習をした後で汗を流して帰ろうとお風呂支度をしてきていましたが

    飲み物などを入れるように持ってきたソフトクーラーの保冷力が心配なので

    イサキを受け取った後は一目散に家に帰りました。

     

     

     

     

    もらったイサキはつい先ほど炙り刺しとなり我が家の夕食になりました。

    美しく刺身ができたのできれいに盛り付けるつもりが、

    用意した皿が小さく、やり直すのもめんどかったので

    いつものように漢の料理みたいになりましたが、さすがに夏のイサキは超うまい。

    ワサビ醤油と大根おろしポン酢を用意しましたが、

    おろしポン酢の方がイサキには合ってると思いました。

     

     

     

     

    アラは汁物にしました。

    おなかに大きな卵が入っていたので、速やかに汁にIN。

    イサキから出た油がキラキラでこれもおいしかったなー。

     

     

    さまざまな予定変更が重なって

    キャストの練習しに行った先で港で内山君にたまたま会って、という

    偶然の産物みたいな42センチのイサキ。

    イサキもおいしかったけど、

    また内山くんとこの船にも釣りに行きたいなあとしみじみと思いました。


    行きたいようなそうでもないような

    0

      JUGEMテーマ:魚釣り

       

       

       

      写真のお店は私のものではなく、正月に福岡に行った際に入った小料理屋さんです。

       

       

       

       

      ごはんを食べられるところを探して夫とふらふら彷徨っていたところに

      いきなり出現した”ぐりこ”。

      綺麗でおいしいお店でございました。

       

       

      と、ブログも書かずにそれなりに過ごしておりました。

      みなさま、お久しぶりです、あなたのぐりこが戻ってまいりました。

      正月からの出来事を箇条書きにてご報告いたします。

       

       

      ,△罎澆泙襪把爐蟒蕕

       

      お正月に船長から「あんた誰?」とか言われそうなくらいご無沙汰の愛裕南丸で

      釣り初めに行ってきました。獲物はタチウオです。

      愛裕南丸は船が新しく広くなっていて相変わらず超きれいにしてありました。

      船長の勝山さんもチャージさんもお元気そうでなによりでした。

      タチウオは釣れませんでした。

       

      大宰府にて鷽替え神事

       

      現在、我が夫は一週間のうち約半分ほどを福岡で単身赴任しています。

      とはいえ週末は自宅に戻っているので、最初に福岡の住まいを決めに行ってから

      私が福岡に行くことはまったくなかったのですが

      正月に大宰府で木彫りの鷽(うそ:鳥の名前)をみんなで交換し合う

      鷽替え神事というものがあると知り、しかもその木彫りの鷽が超かわいいので

      それに合わせて福岡に行ってきました。

      冒頭の小料理やぐりこはその帰りに行ったお店です。

       

      鷽替え神事は夕方から。

      みんなで微笑みあいながら木彫りの小鳥をフォークダンス的に取り換えあう

      優しげなお祭りをイメージしていましたが、実際は盛大なおしくらまんじゅうでした。

       

      今回は鷽替え神事が終わったら福岡に戻ったのですが

      本当はこの後に鬼すべ神事というものがあり、これがもうなんというか

      合法的な放火、という感じのお祭りなので次回はこれもみてから帰りたいと思います。

       

      ヤリイカ釣り

       

      浜田にて船からのヤリイカ釣りに行ってきました。

      私はこの日本当に体調が悪く、できれば夫にだけ行って欲しかったのですが

      私の”家で休んでいたい”という願いは夫によってスルーされました。

      しかし釣りを始めてみればそれなりに体調がよくなるという釣り人あるあるを発揮。

      パラソルサイズもそれなりに釣れ、楽しいのは楽しかったんですが

      やはり楽しいながらも体調はめきめきと悪くなっていっていたらしく、

      不注意からベイトロッドの先を折り、

      くしゃみをしたはずみでスピニングタックルを丸ごと海に落とすという事件が発生。

      海に落としたタックルは夫の必死の努力により海底から引き揚げられ、

      夫婦愛を実感する場面もありましたが、体調は悪いままで翌日から寝込みました。

       

      ぅぅ鵐侫襯┘鵐僑揃

       

      イカ釣りで体調が悪いなと思っていたらインフルエンザB型に罹患しておりました。

      私のインフル陽性を聞いて夫はすばやく福岡に避難。

      夫は夫で同じ時期に尿路結石で痛みに耐えていたので、

      その上でインフルが伝染るとかまったく笑えない状況になってしまいます。

      ラッキーなことに夫にはインフルは伝染らず、私も週末まで会社を休んで養生しましたが

      この時の週末はお義父さんの一周忌だったので、法事にきてくださった親戚(全員老人)に

      インフルエンザを伝染してしまうのではないかとヒヤヒヤしました。

       

      ゼ蠅搬のしびれ

       

      去年の秋くらいから左の肘から手の小指&薬指が痺れる症状が出て

      整形外科に行ったところ、肘の筋肉の腫れによる神経の圧迫という診断が出ました。

      神経は修復される速度が遅いらしく、最初の頃よりはよくなったもののやはり痺れる。

      そんな中、お正月明けくらいから今度は左の足が痺れ始めました。

      しかし仕事も家のことも忙しくなかなか病院に行く時間がとれないまま時間が過ぎ、

      痺れる範囲が広がっていくばかりでまったく状況がよくなりません。

      で、昨日ようやく時間ができたので病院にいってみたところ

       

       

      医「椎間板ヘルニアだね」

       

       

      ( ・д・)ヘルニア…

       

       

      私「腰とか全然痛くないんですが」

      医「うん、でもヘルニア」

       

       

      ということで、当分の間は釣りを自重しようと思います。

      夫は今期好調らしいメバルに行きたいみたいですけども、

      私はメバル釣りにはあまり興味がないので

      あったかくなるまでは適度に養生生活に入りますよー。

       


      遠い日の花火

      0

        Linkin ParkのボーカルChester Benninngtonが亡くなりました。

         

        一番最初にHybrid Theoryを聞いた時の衝撃。

        2枚目のMeteoraの完成度への驚き。

        初来日公演での喜びと興奮。

        大雨後のSummerSonicで足元ドロドロをものともしなかった観客全員でのジャンプ。

        会場全体で歌ったIn the EndやClawringの感動。

        アリーナーで、観客席で、家で、車で、Linkin Parkを目に、耳にするたびに

        私は喜びの玉が口から飛び出しそうでした。

        ライトに浮かび上がるLinkin Parkという存在は、

        轟音とともに現れる花火のような鮮烈さをもっていました。

         

        Chester、私はあなたの声が大好きでした。

        なにも自分で命を絶つことなんてないじゃないか。

        あなたのシャウトや繊細でナイーブな歌声が

        もう新しく発信されることがないのだと思うと

        胸がつぶれそうなくらい悲しい。


        お年玉的なもの

        0

          JUGEMテーマ:日常。

           

           

          あけましておめでとうございます。

          今年もTuttekuuとぐりこをよろしくお願いいたします。

           

           

          とはいえ年末年始は病院に詰めているような状態だったので(現在も継続中)

          クリスマスも正月も そういえばそんなもんがあったような という感じで

          夫も私も小掃除すらできていない自宅で眠るだけの日々を過ごしていました。

          年末年始の釣りの予定もすべてふっとび、1月末の予定すら危ぶまれております。

          でも釣りができるようになるということは大事なのものを失うということに繋がるので

          もうしばらく釣りのことは忘れていようと思います。

          関係者の方々ごめんなさい。1月末のはもう少ししたら段取りつけます。

           

           

          そんな中、溢れ出るネタを惜しげもなく我々に提供しつづける、ある意味『神』のK川さんが

          新年早々九州にてヨコワマグロを釣り上げてくるという快挙を成し遂げました。

          すごい!今年のヤスシ君はひとあじ違う!

          しかもそのヨコワマグロをふるまってくれるというではありませんか。

          うおー!釣りたてのマグロが食えるとは!夫は出張でいないけど行きます!行きます!

           

           

          と、いうことで

           

           

           

           

          うわあ、なんか魚なのに金属光沢がすごい。

          表面がテッカテカだ。

           

          カウンターに座って3人(K川さん、K神さま、ぐりこさん)で飲み物も飲まずに

          そわそわと魚が出てくるのを待つこと約15分、いよいよその時がきました。

           

           

           

           

          どうですか、この夢の光景。

          手前がヒラマサ、奥がマグロです。

          即座にこの写真を夫に送りましたが

          LINEの向こうで『お前ぶっ殺す』と思われているのが伝わってきました。

          でもいいの(´∀`*)うふふふ なんとでも思え。

           

           

          K神さまは魚食練習中なのであまり量が食べられないのをいいことに

          私とK川さんでもりもりとお刺身を消費します。

          よく考えたらK川さんは自分で釣ったからいいとして、

          私はなんもしてないのに遠慮なくビール片手に魚をガンガン食いまくってたなあ。

          2人でこの量のほとんどを完食しましたからねぇ。よく考えると恥ずかしいなー(〃゚д゚〃)

           

           

          しかもこの後、ヒウチステーキのサラダ仕立て(写真なし)を食べて、

           

           

           

           

          この枕みたいなデカさのオムライスを食べるという暴挙。

          私はさすがにオムライスは少ししか食べられませんでしたが(←食ってる)

          K川さんがすべてのものをまんべんなくもりもり食べるのを見て

           

           

          大きくなれよ…

           

           

          と、母のような気持ちになりました。嘘です。感心はしました。

           

           

          年はあけたもののおめでた感の無かった私にやっとこお正月がきたような感じ。

          K川さん、K本さんありがとう。超感謝なのです。

          なんだか気力が湧いてきました。

          みんなと元気に釣りにいけるようにがんばらなくては。

           

           

           

           

          お土産にもらったマグロは今日戻ってくる夫に食べてもらいますよ!

          あと、写真を撮る時には電気をきちんとつけようと思いました。


          日常を取り戻せ

          0

            9月末からやたらと忙しく、まったく更新できませんでした。

            更新どころか自分のブログを見にくることさえしておりませんでしたが

            日々の生活がようやく落ち着きを取り戻したので

            それじゃいっちょブログでも更新すっかな と久々にログインしてみたところ

            息してるんだかどうだかわからない状態のこの辺境ブログに毎日100~250のアクセスがあるのを見て

             

            かたじけなさに涙こぼるる…

             

            という心もちになりました。

            みなさまお元気でしょうか、肩がこってる以外は私は元気です。

             

             

            で、更新もせんとおどれはなにをやっとったんなら(広島弁) と言われると

             

             

            (写真が横ですが気にしないでください)

             

             

            仙台方面に旅行に言ったり

             

             

            行った先でうまいもの食ったり、

            ナン神さまにサワラ釣りに釣れていってもらって

             

             

            サワラのたたき

             

             

            サワラのヅケ丼

             

             

            サワラの塩麹焼き

             

            サワラを毎日おいしく食ったり(残りは醤油づけや味噌漬けや〆サワラにして真空パックで冷凍)

             

             

            黒田の引退にショックを受けたり(号外もらいました)

            K神さまの釣った10キロブリを味見しに市内某所に集合したり

             

             

            塩鰤の焼き物

             

             

            タコ天

             

             

            豚耳

             

             

            K神さまの釣ったサワラのたたき

             

             

             

             

            ごぼう天

             

             

            うまかったです(げっふり)

            K神さまありがとうー!

             

            あとは国家試験受けたり、実家に入院患者がでたりしてました。

            でもとりあえず慌ただしかった時期が終わったので今週は2回釣りに行きます。

            そろそろタチウオとウマヅラが射程距離に入ってきましたよ!


            レアもの?

            0
              JUGEMテーマ:日常。


              先日、釣りのための氷を買いに行った時の事。
              代金を払おうと小銭入れを覗くと暗目にみても不自然な五百円玉が入っていました。







              家に帰ってしげしげと見ると五百円であることには間違いないみたいですが
              地方自治とか書いてあるし、投入堂とともに鳥取県とも書いてあるし
              いったいこれはなんなんだろうと調べてみました。


              調べて分かったこと

              ・地方自治法施行60周年記念貨幣であること
              ・47都道府県ごとにデザインされ1000円と500円の記念貨があること。
              ・鳥取県は2011年発行であること
              ・購入するには造幣局に直接申し込みをしないといけないこと
              ・希望者が多い場合抽選になること
              ・一人1セットしか買えないこと


              こういうのって普通に流通してるものでもなさげな感じですが
              夫によると前日行った散髪屋のおつりではないかとのことなので謎は深まるばかり。
              しかも造幣局のHPを見るとすでに鳥取県は販売を終了しているみたいなので
              新たに入手しようと思うとコイン専門店にでも行かないといけないのかもしれません。
              なんだその微妙なレア感は。


              とりあえず五百円玉に激似と評判のお隣の国の硬貨ではなかったことを安堵しつつ
              この五百円玉は大事にとっておきたいと思います。

              リンク2件追加

              0
                JUGEMテーマ:魚釣り


                リンクを2件追加しました。

                F-Evolution2

                とにかく文章が面白いHIROさんのブログ。
                HIROさんとは面識がありませんが、知り合い登場率が高いせいか勝手に親近感を感じています。
                笑って読んだ後、すぐさま釣りに行きたくなるブログです。


                芳美丸Web Site

                山口県の日本海側、江崎港の芳美丸のHP。
                この船に乗ったことのある人から必ず『あの船長すごいエロいでしょ?』と言われる和田船長の船です。
                親切なんか熱心なんか脱力なんか厳しいんか優しいんかわからん!でも面白い釣りができる!
                そんな船です。スロージギングをやってみたい人は乗ってみるべき!べき!
                ただし現在エンジン調整中で船が出せないので4月までお待ちくださいね、だそうです。


                釣りの方は、週末やたら忙しい&再来週の遠征の準備中につき行っておりません。
                早くあったかくなってばんばん釣りに行きたいもんですな〜(おっさん風味)

                フィッシングショー大阪2015

                0
                  JUGEMテーマ:魚釣り


                  念願のフィッシングショーに行ってきました(・∀・)





                  会場のインテックス大阪の正面広場にあったこの看板を見ただけで
                  テンション急上昇で鼻血が出るかと思いましたが
                  会場であるA館・B館はまだまだもっと先にあるのだそうです。
                  夫からアホな飼い犬をなだめるかのように説明されて少し冷静さを取り戻し、いざ入場。





                  せっかく冷静さを取り戻したというのに、
                  入ってすぐのブースで超有名アングラー村田基さんがセミナーやってるのを目撃して祭りモードに突入。
                  夫と2人で会場内を見渡して あそこに○○が!あっちに▲▲が!と指差し確認です。
                  フィッシングショーはご安全に!


                  しかし会場内を見物する前に、後迫さん(チャージさん)に挨拶しとこうと
                  B館にあるDAIWAのブースに行ってみると、ものすごい人、人、人で大混雑。
                  イグジストもソルティガも触ってみたかったのですが人が多すぎて近寄ることもできない位です。


                  チャージさんはきっとアジングか紅牙のところにいるんだろう、と捜索を開始。
                  ほどなく紅牙が陳列してある場所を発見しました。
                  ようやくたどり着いたその場所で私が見たものは


                  トイレに入っていくチャージさんの後ろ姿でした(白目)


                  トイレすごい人じゃったよ、とジーンズで手を拭きながら戻ってきたチャージさんにご挨拶。


                  チ 12:00からここで電動鯛ラバのセミナーをするけんきてね


                  電動リールもってないけんイヤです、と言えるはずもなく





                  チャージさんの電ラバセミナーを律儀に聞きにくる私と夫。
                  やわらかい口調でわかりやすく電ラバの説明をする姿にやっぱプロだな〜と感心していると

                  チ なにか質問がありましたら遠慮なくどうぞ

                  すぐさま会場から質問が飛びます。
                  それに対して丁寧にこたえるチャージさん。
                  DAIWAの女性の方もにこやかで、楽しくセミナーの時間は過ぎていきます。

                  チ ほかに質問はありませんか?
                  チ 聞いとくことはないですか?

                  チ ねえ?広島から来といて質問せんでいいんですか?

                  ありません!ありません!こっち凝視すんな!!!
                  しかしこの場にいる以上こちらもある程度覚悟をしていた場面ではあるので

                  『ありません』

                  という返事が許される訳がないのも重々承知。
                  それならば少しでも話が広げやすいような質問は…と脳みそから絞り出して

                  私 鯛ラバでバイトがあった時にネクタイに穴があいたり裂けたりすると思うんですが
                  私 そういう時はどんなタイミングで交換するのが良いでしょうか?

                  チ 僕 替えない

                  ちょっとは話を膨らませろやあああああ!!!!

                  チ なに?交換すんの?
                  私 切れ目が入ったりボロくなったりする時あるでしょ…?
                  チ ああ あるね
                  チ 僕は替えないけどね

                  どう見ても普通の会話です 本当にありがとうございました。
                  この質問のために働きそして散っていった私の脳細胞が浮かばれない、そんな気持ちになりました。

                  でもその後船を流している途中で頻繁にネクタイを交換させない方がいい的な話になったので
                  私の脳細胞よ成仏してほしい。


                  そうこうしているうちにセミナーも無事に終了。オチカレサマデシタ。
                  ここからは各メーカーのブースを見学見学アンド見学です。





                  A館 Neture Boysのブースではパパ大津留さんのジギングセミナーを聞きました。
                  一緒に写真を撮ってもらって大喜び。
                  夫がフィッシングショーで会いたい人NO.1がパパさんだったのです。
                  鉄ジグを使ったジギング、ジグの動かし方や大型の魚とのファイトの考察など勉強になりました。
                  パパさんは物腰の柔らかなチャーミングな方でした。





                  A館 エコギアブースでは オーリーこと折本隆由さんにお会いしました。
                  スタッフとの会話中もカメラ目線で素敵です。
                  瀬戸内海や日本海のロックフィッシュのお話をしましたがTVで見るよりも青年!って感じでした。
                  夫と私とオーリーでお写真いただきましたよ(・∀・)


                  A館ではジャッカルのソルト部門のブースもあって(B館はバスのブース)
                  ナカジーと松本さんが鯛ラバのセミナーをやってましたが
                  私はセミナー会場の隣でカウンターにいた吉岡くんとお話しした後で
                  反対側のカウンターに展示してあった新型のびんびんテンヤ鯛夢について宮本さんとお話し。
                  そしてセミナーのところに戻ったらやっていたじゃんけん大会でびんびん玉フリーを勝ち取るというやりたい放題をやらかした挙句にジャッカルの誰の写真も撮らないという人でなしぶりを発揮しました。
                  松本さんはお会いした時とお変わりなく、ナカジーと吉岡くんはTVで見たまんまでした。
                  吉岡くんは愛想のよいかわいらしいお兄ちゃんでした。
                  吉岡くんからはジャッカルソルトのステッカーをもらっちゃいました。


                  宮本さんからびんびんテンヤ鯛夢のことでとても丁寧に説明していただきましたが、
                  すごくよさそうなので5月の発売が楽しみです。


                  OFTのブースでは辻本さん(ポッキンさん)とお会いしました。
                  人がひっきりなしに来るのでお話はほとんどできず残念。


                  その後もひとしきり各社のブースを見学していましたが時間も15:00近くになり、
                  そろそろ会場を出てどこかで食事して広島に帰ろうという話になりました。
                  再度DAIWAブースのチャージさんに挨拶をしてB館出口に向かおうとしましたが


                  ちょっと心残りが…


                  私、フィッシングショーに行ったらぜひ会ってみたいプロアングラーの方がいました。
                  しかし何回かその会社のブースに行ってみても全然姿が見えないし
                  有名な方なのでフィッシングショーの会場内でもあちこちひっぱりだこなのかなーと。
                  でもあきらめきれないので夫に最後にもう一回あそこによってもいいかと聞きました。
                  これでいなかったら諦めるけんお願い。お願い。


                  そしたらイター!!!!!!!!!!!


                  (・∀[+] いよっしゃー!!照準ロックオン!!『こんにちは!!!』





                  エバーグリーンインターナショナル 久保浩一さん。
                  釣りビジョン大人気番組『オレたちゃシーバス研究所』でおなじみの久保会長ですが
                  実は久保さんは現在スロージギングの方なのです。
                  佐藤統洋さんとともにスロージギング用のロッド、ポセイドンシリーズを手掛けていらっしゃいます。
                  その釣りのスタイル『楽しんでいっぱい釣ろう』を実践する姿勢にずっと憧れていました。
                  ううう、諦めずにエバーグリーンのブースに寄ってよかった(つ∀`;)うれしい


                  一緒に写真を撮ってもらえただけでも超感激なのに、夫と3人でしばらくお話もできて
                  しかも久保さんがまるで以前からの知り合いみたいな感じでお話しされるので
                  世界一好きです と言いそうになりました。
                  3人で釣りに関係あるような無いような話をした後で、

                  久保さん 今から佐藤さんとスロージギングのセミナーやるから聞いてって

                  と言われて参加したセミナーで佐藤さんからタングステンのジグをいただくという、
                  なんかもう夢じゃあるまいかと思うような時間でした。

                  スロージギングのセミナーも 思わず唸るような理論と実践に基づく内容で
                  1時間半があっという間でした。
                  やっぱりこの人たちすごい!と心から尊敬しました。





                  家に帰ってからいただいたものを眺めてしみじみと行ってよかったなと思いました。
                  特にシー研のステッカーは久保さんから直接いただいたものなので
                  クーラーにはったりせずに家宝にしたいと思います。

                  年末

                  0
                    JUGEMテーマ:日常。




                    2014年もいよいよ終盤に入りました。
                    ここをご覧の皆様も忘年会で胃腸を荒らしていることと思います。
                    上の写真はアメリカから帰国してきた友人と会った時に食べたしゃぶしゃぶです。
                    食べてる時は話と酒に夢中でよく見ていませんでしたが、今見るとえらいことボリュームがありますな。


                    普段の食事は保存中の釣った魚を食べていることが多い為、
                    肉を見るとそれだけでテンションが上がります。





                    たとえば12/22の夕食は

                    ・アマダイの一夜干し(自家製)
                    ・サルボウガイの煮つけ
                    ・キャベツとツナのトマト煮
                    ・かぼちゃの煮物(冬至だったので)

                    完全に年寄りの食卓って感じですが、
                    翌日12/23はとりあえずクリスマスイブイブということで





                    ローストビーフを作りました。いやっほー肉!肉!
                    牛肉のたたきになるのがイヤなので焼く温度と時間には気を遣いましたが
                    その甲斐あって中はミディアムで、押すとじゅわっと肉汁がにじむ理想の焼き上がりでした。
                    旨かったのでお正月にもう一回作ろうか検討中です。


                    釣りの方は前回の更新以降1.5回ほどタチウオに行きました。
                    なぜ1.5かというと0.5分は忘年会用の食材調達の為の半日釣行だったからです。
                    その時はそれなりに釣れたタチウオですが、
                    翌週同じポイントでの夫の仕事関係の方々との釣りの時には目も覚めるような超低活性で
                    人生のままならなさを噛みしめるような感じでしたねー。
                    でもこの日は一日に3回虹を見たので個人的には満足しました。


                    今年の釣りおさめは30日。
                    あゆみまるでタチウオに行く予定です。
                    今年の総括はそれが終わってからしようと思います(←できるのか?)

                    嵐の日の内職

                    0
                      JUGEMテーマ:魚釣り

                      台風11号の接近に伴い、週末のライケンの予定がまたも流れました。
                      我が家は高い場所にあるので浸水の心配はほぼありませんが、
                      嵐の中では釣りどころか出かけることもできないので、フックを量産することにしました。


                      まずはインチクっぽいもののフック部分から開始です。




                      MEGABASSのVOLTはタコベイト付のインチクっぽく使うジグですが、
                      非常によく釣れるので我が家では大変好評なもののひとつ。
                      私は宇和島に行った時の青物も、八里ヶ瀬の時の鯛もこれで釣りました。
                      しかし青物を念頭において作られているせいか私の好みよりもフックのサイズが大きいし、
                      使い始めて半年たつのでタコベイトがへたってきました。
                      ということでここいらでいっちょ作り変えちゃいましょう。





                      材料はこちら

                      アシストライン:アングラーズサポートサービス(以下ASS) PEライン20号 芯なし
                      フック:真鯛針 12〜14号をありあわせで使用
                      タコベイト:脇漁具製作所 ビニールイカ 115mm 茶色
                      ソリッドリング:カルディバ 4.0
                      その他、6mm丸玉のアクリルビーズ、蛍光浮止めゴム





                      まずはタコベイトに合わせて大体の位置を決め、
                      必要な長さに切り出したPEラインの両端に真鯛用の針を結びます。





                      針を段違いにセットして2〜3僂里箸海蹐念豌鷏襪嗅椶鮑遒蝓
                      その上にアクリルビース、蛍光ゴム、アクリルビーズと通していきます。





                      ここで秘密兵器、手芸用のカギ針(2号)の登場です。





                      カギ針をタコベイトの内側から頭のてっぺんへブスリ。





                      穴をあけたとこからもう一度カギ針を差し込み、先に作った針の部分を引き出します。





                      引き出したラインにアクリルビーズを通し、結び目を作って固定。
                      先端部分にソリッドリングを結んで完成です。





                      よい感じに出来上がりました。





                      次はジギング用のアシストフック作り。
                      スロージギング用なのでダブルフックにします。
                      材料はこちら。

                      アシストライン:ASS PEライン20号 フロロ芯入り
                      フック:がまかつ 鎌鼬 1/0 2/0 3/0
                      ソリッドリング:WAO無溶接リング Mサイズ
                      その他セキ糸、接着剤など





                      まずバイスにフックを固定します。
                      私が使用しているバイスは30年もののフライタイイング用なのであちこち剥けています(笑)





                      メーカーはMARRYAT。
                      結婚するずっと前に夫が購入したものですが、シンプルな作りだけにものすごく頑丈です。
                      以前は私もこれでフライ作ったり、
                      野池にでかけて作ったフライでバスやブルーギルと戯れたりしていたんですが
                      フライのマテリアルのせいでアレルギー性結膜炎になったことと、
                      近場でやるフライフィッシングに限界を感じたことで次第にやらなくなってしまいました。
                      フライは作るのも釣るのも面白いんですけどねぇ…
                      北海道でサーモンをフライで釣りたいという気持ちはずっとありますが、
                      フライやるためにエリアに行くのもなんだかなー。


                      話が大きくそれましたが、フック作りの続きに戻ります。





                      フックのシャンク部分の向かって左側2/3辺りからチモトの方に向けて軽くセキ糸を下巻きし、
                      下巻きの上にアシストラインをセットしてセキ糸を巻いていきます。





                      抜け防止にアシストラインをシャンクに結びこみ、
                      プライヤーなどを使ってチモト方向にぎゅーっと引っ張ります。
                      私はアシストフックに熱圧縮チューブを使わないのでこの結ぶ工程はとても重要。





                      最初に巻いたPEの上に折り返したPEを重ねてセキ糸で巻きます。





                      ハーフヒッチで糸の端を止めます。





                      アシストラインの反対側にも針の向きを揃え同じ手順でフックを結びます。





                      結んだフックをジグのアイに互い違いに通して中心位置をだし、
                      そこにソリッドリングを結びます。





                      私が使うアシストラインはフロロの芯が入っている為、結び目が開いたりゆるんだりするので
                      ジグをおもりに使ってラインをぴんと張った状態でリングを固定して糸でまとめておきます。





                      糸を巻き終わったらこんな感じになります。





                      巻いた糸を固める為に普段は瞬間接着剤を使っていますが
                      ストックしていたやつが劣化していた為、急遽マニキュアのベースコートで代用しました。
                      ベースコートは普通のマニキュアよりもすこーし液がゆるいので
                      きちきちに巻き込んだ糸にもよく浸透してくれます。





                      マニキュアを塗ったらしばらく乾燥させます。





                      乾いたら糸の始末をしてできあがり。


                      土日で作ったアシストフックは全部で23個。
                      台風の週末のよい時間つぶしになりました。
                      次回はこのフックで魚を釣った記事がかけるようにがんばります(笑)



                      1/4 >>

                      ブログ村

                      海快晴

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      • 最近のこと(釣り砂漠化報告)
                        ぐりこ
                      • 最近のこと(釣り砂漠化報告)
                        かっちん
                      • 注意力散漫(6/16 ひとつテンヤ)
                        ぐりこ
                      • 注意力散漫(6/16 ひとつテンヤ)
                        かっちん
                      • 復帰の喜びと自業自得
                        ぐりこ
                      • 復帰の喜びと自業自得
                        Tyler
                      • 行きたいようなそうでもないような
                        ぐりこ
                      • 行きたいようなそうでもないような
                        かっちん
                      • 爆風釣行とサワラ活用法(11/4 サワラ釣り)
                        ぐりこ
                      • 爆風釣行とサワラ活用法(11/4 サワラ釣り)
                        かっちん

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      PR