<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

衰える年頃(4/23 アコウ&鯛)

0

    JUGEMテーマ:魚釣り

     

     

    昨年末からご無沙汰だった釣りにようやく行ってきました。

    実に4か月半ぶりの船釣り。

    活きエビの手配ができたので水深と潮次第では大好きなひとつテンヤもできそうです。

    事前に聞いた話だと鯛もあまり釣れていないし、アコウは超痩せてるってことですが

    今の私と夫にとっては とりあえず釣りさせて という心理的飢餓状態の解消が大事です。

    前日に活き海老入手の報に触れ、まんまとおびき出されたK神さまも一緒に船に乗り込み

    朝6時半に港を出発しました。

     

     

     

     

    船が走り始めて気がつきましたが、4月下旬ってこんなに寒かったっけ?

    寒がりの夫は釣りジャケットの下に薄手のダウンベストを着ているようですが

    私は普通に長袖T+七分袖T+釣りジャケットという軽い装備です。

    家を出る前に夫に ダウンベスト持っていかんのか? と聞かれてはいましたが

    寝ぼけていた私は荷物にダウンベストを入れるのを忘れました。

    おかげで海風に吹かれてどんどん体が冷えていきます。

    これはいけない。寒さから気を逸らさなくては。

    それではと、船が釣り場に向かう間に仕掛けの準備をしておこうとガイドに糸を通したり

    鯛ラバのセッティングをしたり、スナップをつけたり…つけたり…アレ?

     

     

    自分でもびっくりしましたが、クリンチノットのやり方を忘れていました。

    うそーん、さっき別のタックルで結んだぞ。

    でもあらためてしげしげと手元を見つめて結ぼうとするとできないのです。

    やばい、私の脳細胞死にすぎ。

    手元を見つめること10秒でぱっと記憶が戻り普通に結べましたがマジで慌てました。

     

     

    そうこうしているうちに船がポイントに到着したので釣りを開始します。

    深場メインと聞いていましたが、ここも水深80mほどのポイント。

    潮も1ノット超えなのでおとなしくタイラバをまきまきしていると

     

     

     

     

    どーん!

    船中一匹目は私の釣った40cmオーバーのアコウさんです。

    この時期にしてはまるまるとよく超えたグッドサイズのアコウ。

    これは幸先がいいぞ!

     

     

    この魚を皮切りに船中でもぽつぽつとアコウが水揚げされはじめました。

    船長がこまめにポイントや流すラインを変えて魚のいるところを探していきます。

    そして待ちに待った50〜60mのひとつテンヤができそうなところに入りました。

    よしこの時を待っていた!

     

     

    気温は低いもののとてもよい天気で海面はお日様のひかりでキラキラしています。

    そして私はコンタクトをしてくるのを忘れた上にサングラスを車に忘れてきました。

    ひとつテンヤができてうれしい反面、海面とロッドの穂先がまぶすぃ。

     

     

    おまけにこれだけ日光が降り注ぐということは日焼け対策もしておかないといけないのですが

    顔には塗った日焼け止めを手の甲には塗り忘れてしまい、現在手がすでに黒いです。

    ついでにいうと手袋も忘れました。

     

     

    そんなこんなで納竿時間が近くなったこと、最後のポイントと思われる場所で

    プチラッシュが到来し、私を挟んだ両脇で夫とK神さまが鯛を釣り上げ、

    わたしがしんみりとカサゴを釣ったところでこの日の釣りが終了しました。

    そんでもってこの船で私は港への道中に釣れた魚のお腹とエラを全部出すのが恒例なのですが

    エラをつかむのに必須である軍手を持ってくるのを忘れたため仕方なく家に帰って処理しました。

    ついでにいうと帰りの高速で事故渋滞に巻き込まれてしまうという悲しみノンストップ。

     

     

     

     

    この日の釣果は

     

    夫:鯛2匹、アコウ3匹 カサゴ1匹

    私:アコウ2匹、ワニゴチ1匹、カサゴ1匹

     

    リリースやK神さまのクーラーにこっそり忍ばせた魚は含んでおりません。

     

     

     

     

    夫が釣った鯛の大きい方は47センチ。

    このくらいの鯛が一番食べごろでうれしい大きさです。

     

     

     

     

    上が夫の釣った中で一番大きいアコウ37センチ。

    下が私の釣った中で一番大きいアコウ43センチ。

    両方でっぷりしててよいコンディションでした。

     

     

     

     

    帰宅してからの夕食にはワニゴチの刺身とアラを使ったお吸い物。

    刺身はシコシコ、吸い物はうまみたっぷりでおいしかったです。

    やっぱり自分たちで釣った魚を食べるのはいいなあとしみじみ。

     

     

    5月からは本格的に釣りを再開するので、衰えた体と頭に喝をいれていこうと思います。

    とりあえず全身の筋肉痛は早く治ってほしいところ。


    ハンターと行くひとつテンヤ&青物

    0

      JUGEMテーマ:魚釣り

       

       

      春に続いてハンター釣行にご一緒させていただきました(・∀・)

      今回はひとつテンヤと(出れば)ナブラ撃ちと(いれば)青物ジギングです。

      道具が多くて大変だけど気合充分で準備をしました。

       

       

      で、当日、朝6時に港に集合。

      ”ハンター釣行に釣り日和は皆無”と言われているとおり、結構な雨が降ってきました。

      さっきまで降ってなかったじゃん…と言いたいところですが

      ハンター釣行は 天候が荒れて修行or晴れてるけど魚釣れなくて修行 のほぼ2択。

      どっちに転んでもなんらかの修行の要素は盛り込まれるようなので

      それならまだ雨のがええよなー と思っていると

       

       

      船長 昼くらいから風吹くよ

       

       

      風まで吹くんかい。

      でもまあいいやと船に乗り込みました。

       

       

       

       

      小雨が降ったりやんだりでどんよりしまくりな瀬戸内海。

      光量が少ないから魚の活性が上がらないかも…とちょっと心配な私。

       

       

       

       

      ナブラを探しつつポイントに向かいますが

      残念ながら朝の部のナブラは気配がありません。

      よしそれではひとつテンヤだ、さあエビよ私に魚を連れてくるんだ。

       

       

      しかし、やはり活性がイマイチなのかアタリがありません。

      そんなK本さんがデカアコウをGET。

      おおでかい。これは50UPやっちゃったのでは!?

      さすが我が家で神と呼ばれる漢だけのことはあります。

       

       

      実測すると49センチ。惜しいッ!実に惜しいッ!!

      しかしK本さんはすっかり気が楽になって今にも鼻歌でも歌いだしそうです。

      一方私のエビにはなんの反応もなくピチピチの新鮮さを保って上がってきます。

      せめて噛まれるくらいはしてこいよ。

       

       

      すっかり余裕のK本さんはおいといて船内では苦戦している人もチラホラいます。

      それでもぽつりぽつりとみなさんイチヌケしていく中で

      ミヨシでずっとがんばっていたK川さんに待望のヒットがありました。

      喜ぶK川さん、みんなが今か今かと魚が上がってくるのを見守りましたが

       

       

      (参考画像)

       

       

      あがってきたのはメスのブーコーでした…。

      K川さんが”ブログ用に写真どうですか”と言ってくれましたが即座にお断り。

      そして隣で釣っていたK本さんに K川さんメスのコブ釣れたよ とお知らせしたところ

       

       

      K本さん 今、嫁を探しよるけんメスコブでちょうどええんじゃないん

       

       

      と血も涙もないような暴言吐いてて笑いました。

      しかしこのK神さまの発言が元でK川さんの嫁の条件に話題が移り、

       

       

      K本さん 働き者の嫁がええらしいよ

      K川さん そそ 働き者の嫁さんがええ

      船長   働き者いうてもどの程度っていうのがあるじゃん?共働きOK とか

      K川さん んーとね

       

       

      K川さん 理想的には俺がヒモ、みたいな?

       

       

       

      最低な発言キタコレ。

      みんなにそれならコブダイ嫁にしとけやとか言われてて笑いました。

       

       

      そんなK川さんはメスコブをさらにもう一匹水揚げし、コブモテ度を加速させていきます。

      ブログにするにはオスコブの80オーバーくらいじゃないとねー などど

      私とK本さんに言われたい放題言われていたら

       

       

       

       

      サカタザメとか…超微妙なものを水揚げ。

      でもとりあえずお写真いただきました。

       

       

      私    ブツ持ちしてる時にエイに刺されてくれるとブログ的においしいんですが

      K川さん これ刺しません…

       

       

      なーんだ、刺さないのか。

       

       

      そんなこんなで風が強くなったり、青物を狙って3匹水揚げがあったりしているうちに

      あんなに曇っていた空が晴れあがり、すっかり夏の空になりました。

      もう梅雨明けだねぇ、といいつつ午後3時半に納竿。

       

       

      我が家の釣果はアコウ4、鯛3、ワニゴチ1(他、ちゃりこなどリリース多数)

      みんなでワイワイ言って楽しい釣行でした。

      ハンターのみなさんありがとうございました。


      真っ白DAY

      0
        JUGEMテーマ:魚釣り

        そろそろ海老への反応も良くなったのでは?とひとつテンヤに出撃してきました。
        事前に「深場もやるかもなので鯛ラバも持ってきてくださいね」と船長より言われていたので
        きちんと準備を整えてはきましたが、たとえ水深100mであろうともテンヤ落とす気まんまんです。


        で、当日朝6時に港に集合。
        午後から雨の予報が出ていましたが港に集合した時点で余裕で雨が降ってきました。
        空を見ると雲が厚く垂れこめているし、沖を見ると霧で真っ白。
        うーむ、ローライトなのはほぼ確定だからやはり鯛ラバは望みが薄い。
        問題は海霧です。
        これだけ真っ白に霧が出るという事は気温よりも海水温がうんと低いということ。
        じゃあ気温がそれなりに高いかというと、
        長袖T+半袖T+チノパンの上にレインウェアを着込んでも寒く感じるくらいの気温なので
        海中はどれだけ冷えてんのかという話です。
        これは魚の活性がすごく悪いんじゃなかろうか。


        沖に出ると雨はやみましたが陸上で見ていたよりももっと霧が濃く、
        いつもは遠くまで見渡せるはずの場所にきても近くの島がうっすら見えるくらいしか視界がありません。
        まー、どうこう言っててもしょうがないよねーとテンヤに海老をセットして釣りを開始しました。


        で、即座に鯛のアタリがきましたが残念ながらこの魚はバラしてしまいました。
        しかし次の流しで今度は40cmくらいの鯛ゲット!
        その次の流しでも同じくらいの鯛ゲット!
        おおお、好調じゃん!もうこれは海老の時代がキテるね!


        海老の時代がきているはずなのですが、隣で釣る夫にはなぜかアタリがありません。
        多分アコウ狙いのテンヤの動かし方をしているせいだとは思いますが
        仕掛けを回収しても海老はキズひとつなくぴちぴちの新鮮さを保って上がってきます。
        まーでも釣りは始まったばかりだからドンマイ、と心のこもらない応援などをしていると
        夫にも待望の初ヒットが到来です。


        船長 小さいアコウですかねー?
        夫  いや、カサゴじゃないかねぇ
        船長 ここらにはカサゴはいないっすね 鯛かアコウか
        夫  あ、じゃあ小さいアコウかも


        しかし上がってきたのは小さいカサゴ。


        船長 普通にカサゴっすね…
        夫  うん…
        私  …


        その後、このポイントで夫はもう一匹カサゴを追加し、私はコブダイを釣りました。
        アコウはどこへいったんだ!(吐血)


        次の次で入った根の荒いポイントでは同じ日に船を予約していたS本さんがデカアコウをゲット。
        せっぱりで丸々とした良いアコウです。
        この日のS本さんは甥っ子同伴での釣りでしたが、アコウをかけて根から離したあとで
        甥っ子さんにロッドを手渡す優しい叔父さんの姿を見せていました(ほのぼの)

        S本さんの甥っ子さんは船は初めてだったようで、時々船の移動中船室で眠ってしまう場面も。

        私 甥っ子さんは寝ちゃいましたねぇ
        S本さん いいんよ寝てても そしたら自分の釣りができるし(笑)

        しかしポイントについて船が減速すると甥っ子さんはきちんと目を覚ましてしまいます。
        内心 起きたのかよ… と思っていても顔には出さずタックルを手渡す優しい叔父さん。
        その姿を見てニヤニヤ笑うひとでなしの私。
        そんな私に天罰が下ったのか夫の釣った鯛の背びれが指に刺さって大流血しました。


        そんなこんなで時折雨に降られ、霧は晴れず、吐息が白いという天候の中で
        一日がんばった結果がこちらです。




        真鯛38〜43cm4匹 ワニゴチ3匹 グチ1匹
        終盤で怒涛のワニゴチラッシュが到来しましたが大きいものだけキープしてあとはリリース。
        鯛は産卵後の麦わらちゃん優勢でした。




        アコウは38センチを筆頭に5匹 カサゴ2匹
        私の2つの持病の一つ、アコウのサイズが出ない病(もう1つはコブダイ釣る病)はいまだに治る気配がありません。
        頼みの綱の夫は体調不良の為、一番小さいアコウが1匹のみでした。
        カサゴは目や浮き袋が出てしまったもののみキープしてあとはリリース。


        船内でもひとつテンヤが鯛ラバを圧倒する感じだったので、
        ようやく待ちに待ったひとつテンヤの本格シーズン開幕ですね。
        楽しい季節がやってこようとしています。楽しみ。



        1/1

        ブログ村

        海快晴

        selected entries

        categories

        archives

        recent comment

        • お年玉的なもの
          ぐりこ
        • お年玉的なもの
          かっちん
        • 良い一日(12/3 ウマヅラ&タチウオ)
          ぐりこ
        • 良い一日(12/3 ウマヅラ&タチウオ)
          かっちん
        • 神と呼ばれて(11/26 ウマヅラ)
          ぐりこ
        • 神と呼ばれて(11/26 ウマヅラ)
          S田
        • 手はべたべたになります
          ぐりこ
        • 手はべたべたになります
          かっちん
        • 人生初&今季初
          ぐりこ
        • 人生初&今季初
          かっちん

        links

        profile

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        PR