<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

海の日とその追加(7/15・17・22)青物&ひとつテンヤ

0

    JUGEMテーマ:魚釣り

     

    6月のある日、夫が私に言いました。

     

    夫 7/15に内山くんのとこで青物キャスティングいれたから

     

    それはいいんですけど、この日は小潮なんですが大丈夫?

    おまけに翌々日にはひとつテンヤでアコウ&鯛の予定もあるんだけど大丈夫?

    ただでさえ7月は週末のたびに連続して釣りの予定が入っているのに。

    でもスイッチが入ってしまった夫には私の声は届きません。

    西方面の青物が超久々だったせいもあり、完全に現場感覚を失った私たちは

    割と気楽に当日を迎えました。

     

     

     

     

    本日は13:00出船で夕マズメまでのナブラを狙う予定です。

    前の週で割と釣果がよかったこともあり夫も私も内山君も明るい気持ちで海に出ましたが

     

     

    なんもいない

     

     

    海の中はびっしりと小イワシらしきものが映っていますが

    海面は平穏そのものです。

    じゃあ夕マズメまで青物はおいといて鯖のなぶらでもいってみますかと移動しても

    そこも休戦状態です。

    じゃあ誘いだしで瀬を狙いますか と投げてみても反応がなく

    私は早々にキャストを諦めて鯛ラバを巻き巻き。

    暗くなるまで(主に夫が)がんばりましたが青物に姿を見ることはなく

    よく考えると小潮だもんねというごく当たり前の結論に達しつつ港に還りました。

     

     

    その2日後、今度はしまなみ海道付近でのひとつテンヤでの出撃です。

    朝から日差し全開でクソ暑いですが、活きエビも手に入ったしやる気まんまんです。

     

     

    この日はどうやら同船の方々の中に釣りガールがいるらしく

    船を待つ間、楽しげなかわいらしい声が港に響いています。

    やっぱり女の子がいるとグループが明るくなっていいわねーと思いつつ

    海風にむせて咳をしていると

     

    夫 釣りガールがキャッキャと言ってる横でおばはんがげほげほ言うとるね

     

    そうですね 確かにそうですね なんか文句あるんか。

    でも頭に浮かんだ対比の光景が面白かったので自分でウケてしまう情けなさ。

    そんなことをしているうちに船が到着し、釣り場に向けて出発しました。

     

     

     

     

    この日もよい天気です。

    でも梅雨明け直後の海はまだ海水温が上がっていないので海風は冷たくて気持ちいい。

    真っ青な空、夏海の魅力を満喫です。

     

     

    でもそんな気持ちのよい海からの反応は芳しくありません。

    船長ががんばってあちこち船を移動させているうちに

    船の前で釣っていた釣りガールにでかいアコウがヒット!

    おおお、これはがんばらねば!

     

     

    しかし前々日の疲れが私の頭をぼーっとさせます。

    どうやら夫も同じらしくアタリがあってもうまく魚をのせ切れません。

    船長特製のリリーサーで小さい魚をリリースしてもらいながらでかいのを狙いましたが

     

     

     

     

    最終的にはこんな感じで終わりました。

    小さめアコウは浮き袋&目が飛び出しすぎたもののみキープ。

    鯛が産卵からだいぶ回復しているようなので

    船上で魚の内臓とエラを出しながらこれはよさげだと思っていましたが

     

     

     

     

    刺身が超きれいでうまい!

    先月の時点ではまだ水っぽくスカスカな感じでしたが一カ月でかなり回復してました。

     

     

     

     

    鯛そうめんも鯛の出汁がよく出ておいしいです。

    夏の味だなー。

     

     

     

     

    鯛飯も当然ながら安定の美味しさ。

    私は翌日の鯛飯に鯛を煮出してとった出汁をかけて湯漬けにするのが一番好きですが

    夏だと麦茶をかけても香ばしさが加わって超うまい。

    ほんとだってば!

     

     

     

     

    アコウは贅沢に3匹体制でしゃぶしゃぶにしました。

    身の透明感が食欲をそそります。

    一番外側に並べている身はお刺身でも食べられるようにかなり薄切りにしてます。

    夏に食べるアコウの鍋もうまいですなー。

     

     

     

     

    小さめのアコウは我が家定番のアクアパッツァにしました。

    豪華に一人一匹で饗されております。

    カサゴで作るのもいいけどアコウもうまい。

    ワインがんがんいけます。

     

     

    ああ、海の日3連休はよく遊んだ。

    しかし夫の心の中では青物への情熱の火がくすぶっていたようです。

     

     

    夫 7/22に内山くんとこでリベンジ

     

     

    お前またか!

    でもお願いしてしまったものは仕方ありません。

    今回は前回の反省を踏まえてジギングも持参、出船時間も1時間早くしました。

     

     

    今回は大潮なのでさすがになんか出るだろう、と思っていましたが

    ナブラが出ても単発で、船で向かうとすぐに沈んでしまいます。

    鳥も時折海に下降する動きを見せたり、一か所に固まったりしたりで

    まぎらわしいのなんのって。

    海面のざわめきと鳥パト隊(鳥パトロール部隊の略)のおかげで翻弄されまくりです。

     

     

    でも夕マズメ近くで念願の青物のアタックが私にやってきました。

    ぐんぐんぐーん!と力強い引き、ジジジジとなるドラグ、うおおおおこれこれこれー!

     

     

    ジギングでキターーーー!!!wwwwww

     

     

    やる気のある群れが入ってきたのか周囲の船でもロッドを曲げている人が複数。

    よく見れば夫のロッドも曲がっています。

    最近はベイトロッドでしかというかスローでしかジギングをしてなかったので

    久々にスピニングでジギングをして久々に魚がかかった、もうそれだけで感無量です。

    やっぱ、青物たのしー!!

     

     

    とりあえず持って帰る魚ができたので、

    最後に一発大物狙いをしようとポイントを移動し、待つこと小1時間。

    瀬の近くにばっしゃんばっしゃんやりんさっている魚たちを発見しました。

    船を近づけても沈む気配がなく、ウルトラチャンスの到来を予感させます。

    まずは夫が船の先頭から第一投!

    一瞬魚がかかりましたがフッキングが浅くバレてしまったようです。

    群れが沈むことを心配しましたがそんな様子もないのでサイド側から私がキャスト。

    割とよい位置にルアーがおちて、期待を込めてラインを巻きはじめたその時、

    夫が全然周囲を確認することなく投げた2投目、

    夫のルアーのテールフックが私のラインをすくってしまいました。

    あああああ、せっかくのチャンスが。

     

     

    私 なにしよるん!ラインひっかけとるよ!はよ回収して!

    夫 え、あ、ラインかかっとるんか

     

     

    テールフックにラインがひっかかって巻いているだけで絡んではいないので

    焦りつつもラインを急いで外しにかかりましたが

    ルアーから糸が取れた時にはナブラも沈んでいました…。

     

     

    船長 ツキが無い時はこんなもんですよね〜

     

     

    そうなんよね。

    ほんとにツキがない。

    タイミングが1秒でもずれてれば、

    夫の振りかぶる角度が少しでもずれてれば

    ラインをひっかけることなどなかったというのに。

    というかちゃんと周囲を見なさいよ。

     

     

    夫 悪ぃ悪ぃ 投げるとは思わんかったけえ

     

     

    ( っ・∀・)≡⊃ ゚∀゚)・∵. 投げるにきまってんだろうが

     

     

    内心、本気で頭にきましたが怒ったところでナブラは戻ってきません。

    怒らない代わりに脱力感で無言の私を見て夫もまた無言。

    まーしょうがないねーと言いつつ港に戻りました。

    帰港時間は20:30でした。

    内山君、遅くまでありがとうー!

     

     

     

     

    終わってみれば小イワシを食べて丸々としたハマチが3匹。

    背中がメラメラとしてて旨そうです。

    青物を捌くときは 虫がいませんようにー! と祈るような気持ちですが

    祈りが通じたのか内臓にも身にも虫はついておらず、

    ほどほどの脂のノリのきれいな夏ハマチでございました。

     

     

    以前、どこかの船長から、梅雨明けの短い期間に釣れる青物の中で

    小イワシを食べて瀬にもまれているせいか

    アブラアブラしてない上品な脂のノリの異様に身が旨いのがいると聞いたことがありますが

    今回の青物は、あの船長が言ってたのはこんな感じなのかなーと思うような旨い魚でした。

     

     

     

     

    刺身ももちろん旨かったのですが、ヅケが最高でした。

    我が家で青物のヅケを食べるときはすりごまをまぶしますが

    ゴマの風味が薄れるくらいの魚の旨さで、

    正直魚をおすそ分けせずに全部うちで食べればよかったかなと思ったくらいです。

     

     

    夫はまだ青物に未練を残しているようですが

    さすがにあの日程で釣りをすると私の回復が追い付かない。

    疲れのせいか仕事でも書類のミスが連発したことを思い出し

    気持ちを引き締めつつこの夏も適度に釣りをしていきたいと思います。


    ささやかな望み(7/3 ひとつテンヤ&青物)

    0

      JUGEMテーマ:魚釣り

       

      2週連続で日本海釣行が悪天候で中止になってしまい夫婦揃って心を荒ませていたところ、

      ひとつテンヤと青物狙いで出るけど一緒にどう?と

      ナン神さまより救済の御手が差し伸べられました。

      うおおお!ありがたやありがたや!ということで即座にYESとお返事。

      思ったよりも風の強い日曜日、瀬戸内海に浮かんできました。

       

       

      前日に同じような海域で釣りをしてきたナン神さまによるとそれなりに青物が出たらしく

      それを聞いてみんなそれなりに鼻息を荒くしてましたが

      時間がたつにつれて呼吸も落ち着いてくるほどの青物の感じの無さです。

      おまけにひとつテンヤの方も芳しくなく、にも関わらずなぜかコブダイが全員安打となるほど好調であることが私のコブダイへのヘイトを高めていきます。

       

       

      そんな中、S本さんが待望のアコウ53センチをゲット!

      今までにデカアコウを熱望しているにも関わらずなぜか大鯛ばかりに恵まれてきたS本さん。

      この日も出船前に

       

      最近あんまり鯛釣れなくなってきたんすよ

       

      と、うれしそうに言っていたのにテンヤ開始早々鯛を釣っていたS本さん。

      無事にタモに収まったデカアコウを足元にナン神さまと固く握手を交わすその姿を見て

      思わずほっこりとする私と夫。

      念願のデカアコウゲットおめでとうございます。ものすごくいい笑顔でした(笑)

       

       

      S本さんに続けとがんばってひとつテンヤを続けていましたが

      釣れるのはイソベラ及びコブダイとベラベラパラダイスで気持ちが萎えた頃に

      沖の方角にナン神さまが船を走らせ始めました。

      私も夫もポイント移動するのねーと島を見つめながらぼんやりしていましたが

      船が減速しはじめると後ろの方にいる人たちが私たちになんかわーわー言ってます。

      なあに?なんですかな?

       

      ナン神さま ナブラ出とったじゃろ…

       

      いや、知らん(断言)

      ぼや〜としてたので全然海面なんか見てないもーん。

       

       

      でももう少し走った先でも青物がなにやらばっしゃんばっしゃんやりんさってます。

      急いでキャスティングのタックルを夫に渡し、そそくさと後方に下がっていましたが

      ナン神さまに 大丈夫じゃろ と言われてもう片方のキャスティングタックルで投げたところ

       

       

      うおおおお!私に青物きたああああΣ(・∀・;)

       

       

      きたのはええけどこのタックル、鯛キャスティング用で鯖ナブラ想定仕様なので

      案の定ブン曲がってすごい辛いし魚が全然上がってこない!

       

      ナン神さま 時間かけると魚がおいしくなくなっちゃうよ〜

       

       

      知らんがな

       

       

      魚が上がってくれないんですよおおお。

      ひいひい言いながらどうにかこうにかハマチがタモにinされてとりあえず我が家の分の食材ゲット。

      いやー、久々の青物うれしいな、やったぜ!いやっほう!

      まず今夜さっそく刺身にするでしょ、ヅケにして冷凍してもええな、尻尾方面はメンチカツもいいね。

       

       

      と、この時は本当に超うれしかったのですが

      家に帰って捌いてみたところハマチの全身からわらわらとブリ糸状虫が出てきました。

      下半身からは大クレーターの中に絡まりあう塊が出現してくる有様で、その様子はさながら

       

       

      バチ抜け?

       

       

      自宅の台所で本気で失神しそうになりました。

      青物はこれがあるから油断できない!そして思い出して寒い!

       

       

      ナン神さま、いろいろありがとうございました。

      ご一緒してくださった方々もお疲れさまでございました。

      久々の青物の手ごたえは素敵でしたが

      次回青物の機会があったらは虫を内蔵してても2匹くらいで留めたヤツが釣りたいです…。


      骨まで愛してる

      0
        JUGEMテーマ:魚釣り

        先週に引き続き今週も山陰に釣りに行ってきました。
        今週も夫はカゴ仕掛け、私は小アジをつけてののませ釣りで青物を狙います。
        今週こそオオォォォ(o゚Д゚)oと気合入りまくり。


        実は私はこれまでの山陰釣行で1回も青物を釣り上げたことがないのです…。
        ヒラマサとまでは言わないからせめてワカナでも釣りたい、釣り上げたい。
        あのびゅんびゅんという強い引きを味わってみたい。


        ということで1週間の間色々と仕掛けに変更を施しました。
        まず一番考えられる敗因は仕掛けがあまり飛んでいないこと。
        もう5m沖に仕掛けが飛ばせればワカナの回遊ルートにアジを落とせそうなのですが
        自立ウキの力だけではそこまでたどり着けそうにありません。


        ということで


        道糸:ナイロン5号PE2号
        ウキ:自立ウキ10号ワカナ用飛ばしウキ10〜12号
        オモリ:なし
        鉛付ヨリトリ(鉛8号)


        ウキ下やハリスの太さ長さは変更せず
        とりあえず飛距離をもう少し伸ばすことのみに注力してみました。


        そして結果はというと





        生まれて初めてワカナ釣れたヽ(T∀T)ノ


        夫から「青物がかかるとウキがすぽーーーんと一瞬で沈むから気持ちいい」と
        散々聞かされていましたが


        私、仕掛け投入

        ぐにゅっとしたものを踏んだ感触がして靴の裏を確認

        落としてた小アジ用の撒き餌を踏んでいた為、それをはらう。

        海に視線を戻すとウキがない

        あれ?ウキどこいった?といいつつ糸フケを巻き取る

        魚が!


        という流れで釣れた為、”ウキ一瞬ですぽん”を確認できませんでした。
        でもいいの、他の人が釣れてないところで釣れたから(*´∀`)うふふ
        その15分後に更にワカナ2匹目を釣り上げる私、怖いほど順調。





        こちらは2匹目のワカナ。
        針をはずしながら「この表情どっかで見たな」と思いましたが





        これに似ていますネ(異論は認めません)


        その後少し風が出たものの、暖かく穏やかな気候の中釣りを満喫できたこの日は
        12:00頃に納竿しお弁当を食べて帰途につきました。


        で、本日の釣果は





        ワカナ3匹。
        3匹とも私が釣りました(自慢)
        この日釣れなかった夫の敗因は
        隣の人との微妙な距離をとっていた釣り座の間に後から来たおっさんに割り込まれ
        そのおっさんが夫の前にばんばん仕掛けを投入してたことだと思います。
        あんな狭いとこ入ってこなくても…こっちよりに仕掛けを投げ込まなくても…と
        私もちょこっと思いました。





        サバ2匹。





        アジ26匹。


        ワカナは2匹ほどおすそ分けで我が家から旅立っていきました。
        残り1匹はお刺身に。
        アジとサバはいつもの如くすり身に変身。


        そのアジすり身の過程で出た中骨ですが





        あんまりごつくない骨をとっておき軽く塩を振って15分ほどなじませます。





        塩がなじんだ骨に片栗粉を軽くまぶします。
        ビニール袋に骨と粉をいれて振るとらくちん。





        それを低めの温度(170℃くらい)の油でじっくり時間をかけて揚げます。
        骨からあぶくがほとんど出なくなるのが出来上がりの目安です。





        アジの骨せんべいの出来上がり(*´∀`)
        ビールのお供に!酒のつまみに!カルシウムもとれてかりかりさくさくですヨ。

        カニの魔力

        0
          JUGEMテーマ:魚釣り

          10/31は山陰に釣りに行ってきました。
          行き先は島根県浜田市の三隅町。
          船で渡った中国電力三隅火力発電所横の波止が本日の釣り場です。



          で、いつものように朝5時すぎ頃に
          いつも利用している中本渡船さんの乗り場に到着してみると


          なんだか車が多いな(・ω・)


          渡船乗り場のすぐ近くの駐車スペースは満杯状態。
          すでに一番最初の渡船は出たらしく港にお客さんの影は少ないものの
          この車の数だと波止の上はどれだけの人がいるんだろう…と若干不安になる私。
          まあでもあの波止800mあるから大丈夫か。←楽観


          待つこと5分、渡船に乗り込み沖の波止に向けて出発。
          しばばばばと走る船の中でお客さん同士が会話を交わします。


          「今日は朝から(人が)多いねー」
          「ねえwさっきのはデカい方の船出てるしねw」
          「なにしろカニだからねーw」
          「そうそうカニwカニw」


          カニ という言葉でその場にいた全員が笑顔になります。
          今から釣りに行くのになぜカニか?




          実は山陰ではこの時期からカニが釣れ始めます。




          というのはウソです。
          実はこの日中本渡船さんが カニカニ祭り と銘打って
          渡船を利用したお客さんに松葉蟹を配る という想像を絶した祭りを開催した為
          私たちを含めカニ引換券を手にしたであろう人々は



          魚が坊主でも俺たちにはカニがある


          と、釣りを開始する前からある意味勝ち確定のような状態になっておりました。
          そりゃ顔もほころぶってもんです。



          波止に到着し、すぐさま釣り座を確保。
          夜明け前の為真っ暗な中ヘッドライトの灯りを頼りに
          水を汲んだり竿を出したりとせっせと準備を整え釣り開始。
          狙いはワカナやヒラマサなどの青物。
          夫は遠投のカゴ仕掛け
          私はサビキ釣った小アジを餌にしてののませ釣りです。





          釣りを開始してほどなく夜明けを迎え波止の上が静かな熱気に包まれます。
          青物は朝まずめ(夜明けの前後)が勝負。



          周囲が明るくなって少し経った頃、


          キタ−−−−−(・∀・)−−−−−−!!!


          と夫が声を上げます。
          見れば竿がギュンギュンしなってるじゃあありませんか。
          すかさず自分の竿を置きタモを持って駆け寄る私。





          釣り上げたのは40cmくらいのワカナ。
          ワカナとはブリの幼魚のことでヤズとも呼ばれます。


          その後夫は順調にワカナを釣り上げていきます。
          一方私はというと
          かかったワカナに逃げられたり
          イカにエサのアジを齧られたり ラジバンダリ で
          ワカナ釣れなかったようウワアアアアン(ノДT)


          お昼を過ぎた頃から風が出てきた為、午後2時納竿。
          帰宅後は釣った魚を食材に加工していきますよ(o゜Д゜)oファイトだ私。
          まずは中本渡船の祭りでもらった松葉ガニ。






          予想外のデカさΣ(゜д゜ノ)ノ


          甲羅の大きさ約15cmの立派なお蟹サマです。
          もらった時には新聞紙に包まれてビニール袋に入っていたので
          ここまででかいとは思いませんでした。
          中本渡船ありがとうありがとう潰れないでください。





          で早速蒸し器に入れて蒸し蟹に。
          コンパクトに折りたたまれている姿がエヴァっぽいです。


          次は顔が無念そうなワカナ。





          全部で3匹の釣果となりました。
          このワカナたちは釣ったその場ですぐに〆て血抜きしてあるので





          2匹はお刺身にしました。
          残りの1匹は2枚におろして切り身にして塩を振って冷蔵庫へ。


          お次はのませ釣りのエサ確保も兼ねてのさびき釣りで釣れたアジ35匹と





          なぜか1匹混じっていたサバ





          サバは大きく見えますが実は20cmくらいの小物です。



          アジとサバはすべて頭、骨、皮を落としていきます。





          身だけでも結構な量がありますね。
          これを全部フードプロセッサに投入します。





          手前の写真がボケていることは気にしてはいけません。
          量が多い為2回に分けスイッチオーン(゜д゜)ノ凸





          35匹のアジと1匹のサバですり身のできあがり。
          写真のパックは3つに分けたうちの2つです。





          すり身の1/3はえのき茸と青ねぎを合わせてつみれ汁になりました。
          もちもちふわふわでつみれがうまい!
          本日の釣って食うはここまで!



          1/1

          ブログ村

          海快晴

          selected entries

          categories

          archives

          recent comment

          • お年玉的なもの
            ぐりこ
          • お年玉的なもの
            かっちん
          • 良い一日(12/3 ウマヅラ&タチウオ)
            ぐりこ
          • 良い一日(12/3 ウマヅラ&タチウオ)
            かっちん
          • 神と呼ばれて(11/26 ウマヅラ)
            ぐりこ
          • 神と呼ばれて(11/26 ウマヅラ)
            S田
          • 手はべたべたになります
            ぐりこ
          • 手はべたべたになります
            かっちん
          • 人生初&今季初
            ぐりこ
          • 人生初&今季初
            かっちん

          links

          profile

          search this site.

          others

          mobile

          qrcode

          PR