<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

すべてこの場所で(4/6 メバル)

0

    JUGEMテーマ:魚釣り

     

     

    この春は週末に天候が悪いことが多く、釣りに出られない上に

    なんだかんだと忙しく、心身ともにヘロヘロ状態でした。

    それでも3月下旬に予定していたチャーターでの釣りを心の支えとしていました。

    しかしこれも悪天候で中止、と救いのない感じでトホホな毎日をおくっていましたが

    4月の初めに久々に石川県民Hさんがやってきたので、夫と3人で釣りに行ってきました。

    今回お世話になったのは柳井港のはやてです。

     

     

    今回の獲物はメバル。

    今年の広島近辺のメバルは大変好調らしく、好釣果を耳にすることが多いのと

    せっかく石川県から来たのだから瀬戸内海らしい魚を、ということでメバル釣りになりました。

    しかしなー…、私、あんまりメバルが好きじゃないんだよなぁ…。

    数が釣れるのはいいとして、捌くのもめんどく、ひれで刺されるとじんじん痛い。

    おまけに風が強いと仕掛けがすぐにあちこちに絡んでとてもめんどくさい。

    でも尺くらいのメバルでつくった薄造りはうまいので、それを目標に船に乗り込みました。

     

     

    内山船長 「今日は少し遠くのポイントに行きます。そこのが大きいですから」

     

     

    あれ、そうなん?でも大きいことはいいことだ。

    天気も良く風も波もない海を船はどんどこ進み、約1時間後、ポイントに到着しました。

    おお、遠くまでキタ!って感じの景色!

     

     

    で、仕掛けを落してすぐに夫と内山くんになにかヒット。

    わーさすがメバル釣り、勝負が早いなー、と思ったらあがってきたのはなんとイサキ。

    おおおおお!イサキ!イサキがいるならがんばらねば!

     

     

    しかし、イサキはその後釣れることはなく、しかしデカめのメバルは順調に水揚げされ、

     

     

     

     

    小さいのはリリース、中くらいのは内山くんのイケマに放り込み、

    30cm前後のメバルのみをキープして、この日の釣果はこんな感じです。

    メバルの他には小鯛とイサキとアジと沖メバルが釣れました。

     

     

     

     

    持って帰った魚はさっそく夕食にしました。

    メバルのお刺身、アジの塩焼き、イサキの炙り刺しです。

    やー、どうのこうの言ってもデカメバルの刺身は旨いわー。

     

     

    今回内山くんに連れて行ってもらったポイントでイサキが釣れたことから

    もう少し暖かくなったら今度はイサキ狙いで釣りに行きたい。

    場所的にあそこならスロージギングもできそう。

    なんだ、あの場所夢が広がりまくりじゃん。

     

     

    整体に通い始めてからヘルニア及び坐骨神経痛がかなり改善したので

    GWくらいから本格的に今シーズンの釣り始動って感じになりそうですが、

     

     

    (枝豆の苗作り)

     

     

    (種イモ干し)

     

     

    最近野菜づくりも始めたのでやたらに忙しいです。

    畑に関してはガチの素人でなにも分からず、あまりの分からなさに自分でもびっくりですが

    夫と一緒にぼちぼちとがんばりますよー。

    植える前から芋ほりが楽しみです。

    目指せ!自分で釣った魚と自分で育てた野菜の食卓!


    4/7 メバル

    0
      JUGEMテーマ:料理
      JUGEMテーマ:魚釣り



      4/7、疾風でメバル釣りに行ってきました 


      ここ最近は週末になると荒れる天候が続いていたので
      やきもきしながら週間天気予報をチェックしていましたが
      曇り時々晴れ、で確度Aが出た時点でひとまず安心。
      風&波の予報で1.5mのち0.5mが確定した時点で小さくガッツポーズ。
      落ち着く方向だから余裕だね、メバルよ待っていやがれと鼻息荒く柳井港に出向きましたが




      (゚ё゚(゚з゚(゚д゚)゚ー゚)(´・ω・`)(;-ω-) 彡彡彡 ビュー
            ↑ 連れの4人



      うん、洒落にならないよねこの風。
      『メバルは凪を釣れ』との言葉があるように
      海中で仕掛けが踊ってしまう風&波はメバル釣りには大敵です。
      実際活性自体は悪くなさそうでしたが、なかなか針に掛かりません。
      おまけに船が流しかえる度に風にあおられたカブラの針が私の帽子に引っかかり

      『んもー

      そんなこんなで割りと早いうちからワームの3本針仕掛けに変えたのですが
      カブラよりもワームの方がメバルの好みに合ったみたいで
      他の乗船者がカブラで苦戦する中ぼちぼちとメバルを釣りあげる私。
      とはいえこの日は自分だけ釣れれば良い、という訳にもいかず
      連れの4人(1人を除きほぼ初心者)がボウズにならないように気を配りながら
      なんとか大荒れの釣りをボウズなしで終えました。



      という訳で今回の釣果はこちら。


      18〜20cmのガシラ3匹



      21〜27cmのメバル11匹(大きさ比較にボールペンを置いてみました)
      アベレージは25cmくらいかなー。
      釣ったメバルの内いくらかは一緒に行った人におわけしたので
      実際はもうちょい数がありました


      この他に夫と私で1匹ずつ尺メバルをあげましたが写真はありません。
      (疾風のHP http://www.hayate0904.com/ にはちこっと写っています)
      何故なら帰宅後ヘロヘロ状態で魚を捌いていたおかげで
      尺メバルの頭をとっとと落としてしまったからです。
      まーそういうこともあるよ


      ほいでもってその日の夕食は



      メバルの薄造り
      カサゴの味噌汁
      もずく
      ニラと玉ねぎと豚肉のチヂミ


      疲れてるのによくがんばった、えらいぞ私。
      メバルは鯛と同じく捌いている時に気をぬくとすぐに手に怪我をしますが
      今回も右の手の平にメバルの背びれが刺さってえらいことになりました。
      みなさまもお気をつけくださいませ


      夕食後、メバルをさらに捌き



      昆布の上に整然とメバルの身を乗せて



      ぴっちりとラップで包んだ後、タッパなどの容器に入れて冷蔵庫で一晩。




      メバルの昆布〆の出来上がり。
      〆る前と後では身の透明感が違います。



      お次は酒蒸し。
      はらわたとウロコを取り、身に包丁を入れたメバルをオーブンシートの上に置き
      豆腐とシメジを添えます。



      両端を捻って船のような形に包みます。
      紙に包むのは、見栄えがよくなる、後片付けが楽、
      盛り付けの時にメバルの身が崩れるのを防ぐ、などの為です。



      ここで秘密兵器。
      自家製塩麹の登場。



      塩麹大匙2杯、日本酒50ccを具材にぱしゃぱしゃとかけたら



      蒸し器に並べて蓋をします。
      蒸気が出るまで強火、その後中火におとして20分。




      メバルに火が通ったら三つ葉をメバルの上に置き
      蓋をして2分くらい更に蒸します。
      私は三つ葉やセリなどの香りの良い葉っぱが大好きなのでもっさりのせました。



      三つ葉がしんなりしたら出来上がり。
      塩麹である程度の味はついていますので
      柑橘や柚子こしょう、ポン酢などをお好みに合わせて加えます。




      翌日の夕食は

      メバルの昆布〆
      もずく
      春巻き
      メバルの酒蒸し


      ほくほくのメバルの身、味がしみた豆腐やキノコも良い味ですが
      酒蒸しはなんといっても旨みの凝縮したスープがこたえられませんネ。
      いやはや、ごちそうさまでした。


      3/13 メバル&ひとつテンヤ

      0
        JUGEMテーマ:魚釣り


        早春の風物詩、メバル釣りに行ってきました(・∀・)
        何度か陸からのメバリングには出かけましたが船で出るのは今年初めてです。



        本当はこの日は疾風で青物ジギングに出る予定だったのですが
        柳井⇔松山間の海上の波の予報が微妙で出ても引き返すかもしれないから、と
        内山せんちょから中止を宣告されてしまいました。
        もうすっかりブリを釣ったつもりでいたのでこれはショック
        それに火がついてしまった釣りへの情熱が有給休暇を寝てすごすことを許しません。


        ということで、
        ちょうど同じ日にで出船予定があったあゆみまるの勝山せんちょにいそいそと電話。
        2人行きたいんですけどー との私のお願いに いいよー との返事をもらったので
        慌ててメバルと鯛の準備を整えて翌朝7時、夫と2人、船上の人となりました


        この日用意してきたのはひとつテンヤタックルとメバルタックル。
        まだ瀬戸内海では鯛ののっこみは気配すらないので
        まずはメバルかなー、と思っていましたが
        到着した釣り場は晩秋から冬にかけて大きな鯛がよく釣れた、と耳にしていた場所。
        居付いて冬を越した鯛がおなかをすかせて私のエビを待っている可能性もある訳です。
        鯛の鼻先にエビが落ちて鯛がパクリ→よっしゃもろたー!という誤ったイメージトレーニングを脳内に繰り広げながらまずはひとつテンヤ開始。


        しかし、私の脳内イメージとは裏腹にマイロッドの先にはまったく生体反応がみられません。
        ううむ、これはメバルに変更した方がいいかも…いやいや次の上げ下げで鯛が…などと思っていると同乗の方々がぽつりぽつりとメバルを釣り上げ始めました。
        釣れてくるのは全部25cm以上はあるであろうという良型ばかり。
        それを見た瞬間、私はすばやくテンヤタックルを片付けメバルの支度を始めました。


        基本的に私はメバルのカブラ仕掛けがあまり好きではありません。
        理由は8本針などで仕掛けが長すぎてガイドに絡みまくるからです。
        なので最近は3本針での胴付き仕掛けにワームを付けて釣っています。





        で、これが釣れたメバルたち。
        21cm2匹、27cm1匹、28cm3匹。
        数が少ないのは、これだけ釣れたら食べるだけあるからー と
        その後ひとつテンヤを再開したからです。
        ま、鯛は撃沈したんだけどね!





        ひとつテンヤで釣れたのは25cmと20cmのカサゴ2匹。
        やっぱり鯛はこの時期厳しい。のっこみ待ちですな。






        カサゴはから揚げ、メバルは薄造りでいただきました
        薄造りはデカメバルが釣れた時の特別なお楽しみですね。
        しこしこで味が濃くって格別なあじわい。
        写真にはありませんが昆布〆も作りましたがこれも酒がすすみます。


        久々のメバルが面白かったので4月の頭にまた行くかなー、と検討中です。
        アジリンガー買っておかねば

        釣りはじめ

        0
          JUGEMテーマ:魚釣り


          新年あけましておめでとうございます(・∀・)
          みなさま本年もよろしくお願いいたします。


          昨年の我が家の釣り部門の目標は以下の4つ。

          ・80UPの鯛を釣る
          ・メジロサイズ以上の青物を釣る
          ・おかっぱりからアオリイカを釣る
          ・キロUPのアオリイカを釣る 

          このうち達成できたのはアオリイカ関係だけでした。
          目標達成率50%といえど不本意な成績です。
          思えば釣りはじめとして出かけたアジングでボウズを喰らってしまったことから
          昨年の不振は始まっていたのかもしれません。
          一年の計は元旦にあり、一年の釣果は釣りはじめにあり。


          ということで1/3、周防大島にやってきました。
          今年の釣りはじめはデイメバリング!
          景気付けとしては選択がおかしいような気もしないではないですがそこは気合です。


          で、釣り場に到着したところ





          (´・ω・`)(;-ω-) 彡彡彡 ビュー




          風で目があかんわッ!!!
          でもせっかくきたからとりあえず竿は出すもんね。
          夫はスイミングコブラ2gを使用してのジグヘッドリグ、
          私はアジキャロ0.8g+カルティババランサーヘッド0.3gをそれぞれセットして
          テトラをえっこらと乗り越えて釣りを開始します。


          周囲には釣り人がたくさんいるもののどの人も全然釣れていない様子。
          おまけに爆風でまともに投げられず
          道具を置いたまま(場所キープ?)車に避難する人もチラホラ。
          これはまさしく去年と同じ風に負けるパターン…


          それでも時折風がやむのでそのタイミングを逃さずキャスト!
          底に着いたらキャロがふわりと浮くようにロッドをあおるとググっと竿にアタリ。
          上げてみるとデイにしてはよい型のメバルです。
          おおおいいじゃないいいじゃない


          しかしその後もどんどん風は強くなるばかりでろくにキャストもできないため
          大きめなメバルをキープして1時間ちょっとで納竿。






          一番大きなもので21.5cm、他の2匹も20僂らいのメバル。
          デイのおかっぱりでこれなら満足のいくサイズです
          こいつは春から縁起がいいやあ。


          2012年の目標は

          ・鯛80UP
          ・青物85UP

          昨年の課題を今年に持ち越しです。
          今年もがんばって釣りにいくぞー!!



          1/1

          ブログ村

          海快晴

          selected entries

          categories

          archives

          recent comment

          • 久々爆荒れ釣行(4/29 日本海スロージギング)
            ぐりこ
          • 久々爆荒れ釣行(4/29 日本海スロージギング)
            かっちん
          • すべてこの場所で(4/6 メバル)
            ぐりこ
          • すべてこの場所で(4/6 メバル)
            かっちん
          • 揃うと最強(3/2 山陰ヤリイカ)
            ぐりこ
          • 揃うと最強(3/2 山陰ヤリイカ)
            かっちん
          • 少しでも近づきたい
            ぐりこ
          • 少しでも近づきたい
            ライカム タム
          • 似ているようで別物(12/1ウマヅラ&タチウオ 12/15カワハギ)
            ぐりこ
          • 似ているようで別物(12/1ウマヅラ&タチウオ 12/15カワハギ)
            かっちん

          links

          profile

          search this site.

          others

          mobile

          qrcode

          PR