<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

良い一日(12/3 ウマヅラ&タチウオ)

0

    JUGEMテーマ:魚釣り

     

    先週に続き、今週もウマヅラを狙いに海に浮かんできました。

    今回は、K神さま、ナン神さま、Tにぃ、T藤さん、S本さん、T口さん、夫、私の8名。

    天気予報では風もなく日中はポカポカ陽気とのことだったのですが

    いざ港についてみるとなんだか北風が強いし、思っていたよりも寒い!

    それもそのはず、今回のチャーターにはT口さんという荒神さまが参加です。

     

     

    ※荒神さまとは

    どんなに凪の予報が出ていても、海上の天候を荒らす運を持つ人のこと。

    時化神さま、風神さまなどの種類があり、

    荒神さまが海に出て天候が良かった場合は一帯の海が砂漠化するという

    どちらに転んでも同船者に修行をもたらすありがたくない神さま。

     

     

    天気予報では微風の南風だったはずなのに、実際のところ北風がびゅーびゅー。

    荒神さまの実力まじぱねえっす。

    そんなこんなで全員集合&船がきたので朝7:30に港を出発しました。

     

     

    ええ天気&強風

     

     

    そしたら出発直後にキャビンにいたK神さまが

     

    K神さま 「エサを車に忘れたかもしれん…」

     

    などど言い始めました。

    まだ戻れるかもしれんから荷物見てきたら?と言うと、なにやらそれはしたくない様子。

    そうしている間にも船はどんどこ沖に進み、いつの間にやら釣り場に到着しました。

     

    K神さま 「やっぱり作ったエサがないーーー!!車に忘れたーーー!!」

     

    やっぱりねそうだよねだから見てこいっつったろなどと色々な思いが胸をよぎりますが

    私もいい大人なので爆笑だけして余計なことは口にせず

    とりあえず我が家のエサをK神さまに1パック手渡して釣り開始。

    私の後方ではK神さまが もう俺のウマは終わった や 誰か俺を殺してくれって感じ などと

    あれこれ暴れているようですが、私のウマは終わってないので竿先に集中します。

     

     

    魚探にはそれなりにウマヅラの魚影は出ているようですが

    いかんせん活性が低いのかチビチビしたアタリしか出ず”またか”と思わずにはいられません。

    しかも水温が高いのか、仕掛けがウマヅラのいるであろう水深よりも下にいくと

    もれなくイソベラが釣れるというベラベラパラダイスまでおまけについてきました。

    おのれイソベラ、お前のその三白眼が憎い。

     

     

    で、あれこれと苦戦しながらボチボチとウマヅラを釣り上げていると

    船の前の方でS本さんとTにぃがビールを飲んでいるのが見えました。

    よし、私もそろそろ持ってきたビール飲もう!(←ダメ人間)

    つられるように缶ビールをあけ、船の前の方に行ってみたところ、

    釣りもせずに船首に寝そべっていかくん食べながらビールを飲むナン神さまや

    足元にビールの缶を何個も転がす人たちがそこにいました。

    みなさん楽しそうですね…。

     

     

    お昼の潮どまりのタイミングでタチウオも狙いましたが

    渋い&サイズ小さい、でみんなの気持ちも萎え気味です。

    人が釣り上げるサイズを見て一番最初にやる気を喪失したナン神さまが私の隣で

     

    ね〜、小さいし、今の時期のタチウオなんか釣る気にもならんも〜ん

    脂ものってないしさ〜

     

    などと念仏のように繰り返している間にアタリを3回ぐらい合わし損ねたりしましたが

    なぜか普段なんぼ使ってもかすりもしないアンチョビミサイルが妙に好調で

    アンチョビミサイルで釣れるなんて珍しいねー、などと夫と喜びつつ、K神さまにもその旨を告げると

     

    K神さま 「アンチョビミサイル、エビと一緒に車においてきた…」

     

    ごめんなK神さま。

    けっして死体蹴りをするつもりじゃなかったんだよ。

     

     

    こんな感じでみんな真剣に釣りに取り組んだり、あれこれ話したり、タチウオが空振りだったり、一瞬訪れた時合を寝て過ごしたり、釣果は別としてわいわい楽しく過ごした一日でした。

    いやもうこれでいいんです。楽しければオールオッケー。

     

     

     

     

    綺麗な夕焼け。

    よく遊びました。

     

     

    で、帰ってからのお楽しみは釣った魚を食べること。

    今回はたくさん釣れなかったけど帰ってからが超楽ちんです。

     

     

     

     

    ウマヅラのお刺身。

     

     

     

     

    ウマヅラの煮つけ 胆増量Ver.

     

     

     

     

    2匹だけ持ち帰りサイズが釣れたタチウオは翌日のお昼に天丼にしました。

    ウマヅラのアラの汁物もよい出汁が出てうまいですな。

     

     

    ということで今回のウマヅラ釣りが我が家の今年最後の釣りとなりました。

    毎年、年末ぎりぎりまで釣りの予定を入れて正月の準備で死にそうになるので

    今年は少し早めに釣りおさめにしましたがちょっと早すぎたような気もしないでもないです。

     

     

    今年ご一緒したみなさまも、ご一緒できなかったみなさまも

    Tuttekuuをご覧いただいてありがとうございました。

    来年もよろしくお願いいたします。


    神と呼ばれて(11/26 ウマヅラ)

    0

      JUGEMテーマ:魚釣り

       

      今年もまた甲斐出船長(ぼんくら)のとこの魚籠でウマヅラを釣りに行く季節がやってきました。

      と、その前に、

       

      ---ぐりこさんからのお知らせとお願い---

       

      11月にアップした記事で『家族が入院』と書いたところ

      私のドコモメールに心配メールをくださった方がいらっしゃいました。

      が、差出人のお名前がなくメアドを見ても誰かマジでわかりません。

      私はブログにメアドのリンクをいれてないのと、時間があれば食事に行こうと書いてあることから

      間違いなくここを見ている知り合いの誰か、ということは分かるのですが、あんた誰?という状態です。

      このご時世でうかつに返信も恐ろしいのでなにもお返事しておりませんが

      お心あたりの方は名前をいれてご一報くださいませ。

       

      ---

       

      今回のウマヅラ釣りは総勢8名でのチャーターです。

      参加された全員がウマヅラ用ではなく本カワハギ用のロッドを持ってきた、ということから

      並々ならぬやる気が感じられるというもの。

      よし、私もがんばらねば。

       

       

       

      港を出て1時間ちょっとで最初のポイントに到着。

      朝なので波がさぱさぱしているようですが、この程度ならば問題ありません。

       

       

       

       

      ということでいそいそと支度開始。

      写真は去年から使用しているシマノのカワハギ用ロッドスタンド船 BCですが

      これが非常に使い勝手がよく、仕掛けを上げて針をエサつけて仕掛け投入して、の

      一連の動作がもたつきなくできるので超オススメです。

      あんまり大きくない&エサ箱は取り外し可能なのでかさばりませんよー。

       

       

      ぼんくら 「ではいってみましょう、水深25mです」

       

       

      前回のタチウオ&ウマヅラではほんとうに苦い汁を飲まされたので

      今回はクーラーいっぱいにウマヅラとっちゃる、くらいの意気込みです。

      指示タナに仕掛けをなじませて集中していると、

      ぽつ…ぽつ…とウマヅラがえさをついばんでいるような感触が感じられ、

      もうちょい、もうちょい食い込んだら合わせて…食い込んだら…食い込んだら…

       

       

      食い込まない!

       

       

      ちびちびとエサを噛まれては全部とられを数回繰り返して、場所を移動することになりました。

      これはまたやヴぁいパターンなのでは。

      そういえば朝のニュースで伊予灘辺りで震度1とか言ってたな、影響あるんかいな。

       

       

      次に入ったポイントはさっきよりウマヅラのアタリが分かりやすく、

      ようやく1匹目が釣れて一安心です。

      しかし思っていたよりも活性は悪いようで、船上ではみなさん大苦戦。

      船長が漁探を見て魚のいる層を教えてくれてはいますが、

      その中でも食い気のあるウマヅラがいる層をじわじわと探していかないと

      アタリがないなあと思っている間にエサだけ取られて終わってしまいます。

       

       

       

       

      最後に入ったポイントでプチラッシュに遭遇し、少し釣果が伸びましたが

      それも長くは続かす、陽が傾きはじめたところで納竿。

      我が家のクーラーは一番奥のひときわでかいヤツです。

      この日は夫と2人でウマヅラ51枚と小鯛1枚で、渋い割にはまあまあかなーというところ。

       

       

      で、釣りが終わってご一緒した方々から色々とお話をきいたところ

      みなさんに共通した悩みポイントがあるようでしたので

      いちおう私なりに気を付けている項目を書いておこうと思います。

       

       

      .蝓璽襪離ウンターは狂いのないようにしておくこと

      他の釣りだとあんまり関係ありませんが、ウマヅラはカウンターで水深をチェックし続けることが

      釣果を伸ばす重要なポイントとなります。

      活性が高い時はいいのですが、活性が低い時などは魚の群れの中でも食い気のあるやつが

      群れのどのあたりに固まっているのか探すことが大切です。

      なのでリールのカウンターはきちんと調整しておく必要があります。

       

      ▲┘気陵無はこまめに確認

      ウマヅラの場合、そこに魚がいるのであればかならずエサになにかしらアタックがあります。

      竿先や手元になにかしら違和感があった、もしくは長い時間仕掛けをいれているのになにも反応がない、

      でも魚がかからない。

      こういう時はこまめに仕掛けを巻き上げてエサがあるかチェックしましょう。

      エサがなければすぐにつけて再投入。

      エサが残っているようならばすぐに指示タナまで落とせばよいだけです。

      あとなんどもエサが丸残りしているようならばカウンターを疑ってください。

       

      D爐譴覆せはそこそこがんばる ラッシュは超がんばる

      どんなにがんばったって魚に食欲がなければエサが無駄に減るしこちらも疲れます。

      釣れない時間はラーメン食べたり、お話したりでまったり待ちましょう。

      その代わりラッシュがかかった時は集中してがんばって!

      釣れる時間にどれだけ枚数を伸ばすか、というのがこの釣りのキモとなります。

      手返しも重要。

       

       

      そろそろウマヅラの胆がパンパンになってきています。

      楽しい楽しいウマヅラ釣り。

      ここをご覧のみなさまもぜひ(・∀・)


      無慈悲なウマヅラ狩り(1/3 2016初釣り)

      0
        JUGEMテーマ:魚釣り

        1/3に今年の初釣りに行ってきました。
        お世話になったのは甲斐出船長(ぼんくら)のとこの魚籠です。
        狙うのはウマヅラハギ、というか私たちにとって魚籠はウマヅラ船なので獲物に選択の余地はありません。
        去年よりウマヅラ釣りにハマりまくっているハマイさんと3人で意気揚々と船に乗り込みました。
        朝6時45分、満員のお客さんを乗せて船が港を後に海へと出て行きます。


        今年の年末年始はやたらと用事が多くせわしなかったので私と夫は少しお疲れモード。
        釣り場に向かう船の中でも2人並んでハムスターのように丸まってうとうとしていましたが
        私にはなにかしら 今日は釣れる という確信みたいなものがありました。

        私 今日はいけそうな気がする
        夫 ん?そうなん?
        私 うん 今日は釣れると思う 少なくともあたしは釣れる

        こういう事は普段はあまり言わない私なのですが、この日は違いました。
        小さいアタリをとる釣りをするときに時々やってくる感覚で
        頭の周りがすこーんとクリアになっている感じがある時はたいてい釣れる日なのです。
        こういう日は釣りの終わりまで集中力が落ちません。
        そうは言いながら引き続きうとうとしていると船が釣り場に到着しました。


        ぼ じゃあ用意できた人から始めてください 水深は23m


        もっと深いかもと聞いてましたが23mなら全然楽勝な深さです。
        さっそくエサを付けて仕掛けを指示されたタナまで落としこむと
        ぽつ、ぽつ、という感じでウマヅラがエサをついばんでいる感触が手に伝わってきますが
        ついばむ間隔が少し長いので活性はそんなに高くなさそうです。
        実際に針に歯があたっているアタリがなかなか出ないのでどうしても早あわせになりがち。
        隣の夫は ひとつテンヤか! とツッコミをいれたくなるほど大アワセしてました。


        もじもじしたアタリしか出ないのでみんな苦戦する中、私は順調にウマヅラを水揚げし続けます。
        船長が指示したタナの中でもやる気のある魚は上面に固まっているようなので
        その水深に狙いを定めて仕掛けを落し続けました。
        誘いを一切いれずじっと待っている方が魚が散らずにずっとついてきてたように感じました。


        という事で終わってみれば我が家のウマヅラは約50枚。
        みなさんの平均が10〜20枚だったので非常によい釣果です。
        しかも50枚の内訳は夫15枚、私35枚で新年早々完全勝利での初釣りとなりました。


        満足できる釣りをさせてくれたウマヅラには心からお礼を言いたいです。
        ありがとうウマヅラ、また10か月後に会おう。
        そして甲斐出くんもありがとう、また10か月後に会おう。


        今年もあれこれ釣りに行きますので
        私と夫とTuttekuuをよろしくお願いいたします。

        工場と呼ばれて(11/21 ウマヅラ釣り)

        0
          JUGEMテーマ:魚釣り

          我がブログTuttekuuにおいて晩秋から初冬にかけて爆発的に伸びてくる検索キーワードは

          ”魚籠” ”ウマヅラ”

          そんなウマヅラ船魚籠にて今年最初のウマヅラ釣りに行ってきました(・∀・)
          最近の釣果をみる限り期待が持てそうでワクワクです。
          たとえ前日の夕方に突然の岡山出張が決まり、
          18時からわざわざ新幹線に揺られてトンボ返りしてきたとしても気力充実です。
          嘘です。割と抜け殻でした。


          で、当日朝6:30に廿日市港に降り立つ私と夫とハマイさん。
          そう!今回は私たちを日本海タラ釣りに誘ってくださった恩人の一人、ハマイさんが一緒です。
          ハマイさんは去年のタチウオ&ウマヅラ釣りでご一緒した際に私と夫がウマヅラを釣る姿を見て


          「こ…工場…!」


          と思ったそうで、我が家のウマヅラ釣りの秘訣を学びに来られました。
          とはいえ、ハマイさんの方が釣りの腕は私や夫よりも数十段も上なのですよ。
          なので最重要ポイントのみお伝えしておきました。


          ボンクラこと甲斐出船長によるとちょっと風が強いそうですが
          ウマヅラならば釣れないことはないだろうとタックルの準備をしていると

          船長「そういえば今日はS田さんもきますよ」

          S田さんといえば去年の魚籠で”ツ抜けできなければ自宅に嫌がらせ”という
          戦慄のペナルティを課せられるところをお客さんみんなの熱い支援により回避するという
          釣り人の絆の物語の主人公だった人。
          わー、久しぶりだなあ。


          で、ちょっとしてS田さんが登場したのですが、なんとハマイさんと旧知の仲だったそうで
          私と夫もびっくり、ハマイさんもびっくり、S田さんもびっくりで
          びっくりのジェットストリームアタックというか驚きの黒い三連星というかそんな感じでした。
          世間って狭い。


          で、ほがらかにお話をしているうちに船は釣り場に到着し、
          この日の釣りが開始となりました。


          船長の言った通り思ったよりも風が強く船が揺れるものの
          それなりにアタリを取りそれなりにウマヅラをかけては釣り上げを繰り返し





          終わってみればウマヅラの山ができました。





          手前右側が我が家のクーラーでその隣がハマイさんのクーラー。
          まるっきりお揃いの欲望箱ダブルです。
          ハマイさんもさすがの釣果で26匹のウマヅラをゲット。
          ちなみにハマイさんは釣りの終盤で
          ”カウンター付きのリールの電池が切れる”というアクシデントに見舞われ
          当分の間リールをしばいてましたが復帰かなわず痛恨のリタイアでした。


          我が家は夫がやたら好調で釣果が伸び、合計で62匹。
          デカハギ揃いでクーラーにみっちみちです。


          釣ったウマヅラは返りの道すがら知り合いに配り、お返しとして酒や野菜をもらい
          貨幣社会以前の人間の生活っぽさ満載でしたが
          肝パンのウマヅラはどこにいっても大人気で
          みんなが笑顔になれるって釣りっていいなあと思いました。

          11/29 ウマヅラ狩り

          0
            JUGEMテーマ:魚釣り

            私のブログのアクセス解析を見ると、ここ最近で急激に伸びてきた検索ワードがあります。

            『魚籠』

            昨年私と夫がウマヅラで衝撃的な釣果を叩き出した船がぶっちぎりで検索トップ。
            実際この一年、このブログをご覧の知り合いの方々からの質問も魚籠のことが多かったです。
            魚籠のことを聞かれる度に私が返す答えは

            『船長はろくでもないけど、ウマヅラは良く釣らせてくれますよ』

            そんな魚籠に今年も乗ってきました。
            獲物はもちろんウマヅラハギです。


            朝6時半、廿日市港を出発。
            この一週間ずっと天気のことだけを心配しながら生きてきましたが
            雨も止んでいるし、風も波も予報ほどひどい状況ではなく一安心です。
            しかし船の中で私はやや緊張していました。
            時々このブログにコメントをくださるS田さんが乗船されることは知っていましたが
            5人グループで来られた方のお一人に『ブログ見てます』と言っていただきまして

            しょうもないことしか書いてなくてすみません…

            となぜか謝るくらい狼狽してしまう私。
            これは無様な釣りは見せられない!がんばらねば!




            で、釣りが終了してがんばった結果がこれです。
            奥側真ん中とその左側、青いジップロックコンテナが見えるクーラー2つが我が家のウマヅラです。
            大型狙いでお願いしていたので、なかなかのデカハギ揃いでしたが
            やっぱりデカくなる魚は頭がいいのか餌をとるのがやたら上手く、
            全然アタリが出ないのに餌だけ全部無い状態にされまくり、かなり苦戦しました。
            でもこういうテクニカルな釣りは面白いですねー。
            マキエをせずにサシエのみで釣るウマヅラ、瀬戸内海でもっと広まって欲しいです。
            魚も臭くならないしね。






            家に帰って改めて釣果を撮影。
            合計で44匹でした。




            ありがとう甲斐出くん、今日もよい釣りができました。
            お礼にリクエストに応えて写真を載せておきます(※写真内のコメントも本人のリクエストによるものです)
            甲斐出くんは自分でぼんくらと言ってましたが、そんなことはないですよ。


            ただ、ただ、ろくでもないだけです。
            なんなの…ものもちがいいとか…


            ウマヅラは1月中まで釣れるそうなので
            シーズン中にもう一回くらい行きたいと思います。

            11/15 タチウオ&ウマヅラ

            0
              JUGEMテーマ:魚釣り


              美しい瀬戸内の夜明け。





              冬の訪れを感じさせる冷え込みの中、
              朝霧湧く海面の向こうより出ずる太陽に思わず手を合わせて願います。


              魚がいっぱい釣れますように!クーラーがいっぱいになりますように!


              今日は楽しみにしまくっていた天使Kさん(天使Nさんのお友達)チャーターでのタチウオ&ウマヅラ釣りです。
              今期のタチウオは序盤からあまり良い話を聞きません。
              実際先々週に一度タチウオ釣りに出ましたがド貧果といってもよい結果となりました。
              ブログを更新する気持ちも雲散霧消しよういうものです。


              しかし、あれから少しは状況が上向いている かも しれないし、
              タチウオが釣れなくてもウマヅラ山ほど釣って帰ればいいやーとあくまでも気楽に船に乗り込みました。



              1時間ちょっと走って船はタチウオポイントに到着です。
              30隻くらいの船団がすでにできていて、周囲を見渡すとぼちぼちとタチウオが水揚げされています。
              早速前回の釣行で反応が良かったピンクのメタルジグをおとしてみます。


              着底後、ややゆっくり目のピッチでぽよーんぽよーんとシャクっていると
              20シャクリ目でガツ!としたアタリがありました。
              でもあんまりひかないな、と思いつつ上げてみると幅5センチくらいのひょろひょろさん登場。
              ちょっとかわいそうなサイズかな(笑)とリリースして、ジグを落とすとまたすぐにアタリ。
              そしてひょろひょろ登場。
              どうもこの辺りにいる群れはサイズの小さい個体が多いらしく、
              船中でもみなさんひょろひょろばかりを釣っています。
              そんな中アンチョビミサイルターボを「ちょっとした仕入れ」と私に言われるほど大人買いしてきた天使Nさんの心がぼっきりと折れたらしく、こんな小さいのを釣るためにに来たんじゃないもーんなどといいつつ船中を徘徊しはじめました。
              まさにフリーダムです。


              結局PM1:00くらいまでやったもののタチウオのサイズはあがらないまま。
              午後からはウマヅラ釣りへとバトンタッチです。
              よっしゃ!この時を待っていた!
              移動中にいそいそとタックルの準備をし、針にエサまでつけて今か今かと釣り場への到着を前のめりで待ち構えていると
              船がぐいーんと減速しました。
              ん?ここ?でも根がありそうな場所じゃないよね?
              周囲をきょろきょろと見回すと少し先の海面で小さくなにかが跳ねたように見えました。
              お!あれはなんだ!?


              それは天使Nさんが投げたペンシルでした…あんたなにしてんの…。


              鳥がちょっと多めに休んでいたから投げてみた(Nさん談)けどナブラは不発。
              そこから船がちょっと走ってウマヅラのポイントに到着しました。


              船長の話ではここ数日で2℃ほど水温が下がったそうです。
              確かに竿先に感じるアタリがもじもじとした感じでなかなか食い込まず渋い感じ。
              しかしそんなことはものともしないでウマヅラを釣りまくる私と夫。
              もうすでにどうやって食べるか、どこに配るか、しか見えていません。
              あっという間に血抜き用のバケツは真っ赤に染まり、
              ウマヅラの断末魔の大暴れで血が濃く混ざった海水が私と夫にかかりますが黙々と釣り続けます。
              その様子をみた船長から「鬼」と言われましたが、あたし全然平気!
              結局クーラーに入りきらなくなった分をご一緒したみなさんに貰ってもらいました。
              おーほっほっほ、ひれ伏すが良いとか思ってません。ほんとです。


              そういえばウマヅラ釣りの途中のことでしたが、
              仕掛けを棚になじませていると、コツンと硬いアタリがありました。
              即アワセするとウマヅラ用にがっちがちにドラグをしめてあるにも関わらず
              ラインがリールから引き出される強い引きです。
              でもアホな私は すげえでかいウマヅラかかった!(喜) くらいにしか思わず
              ほとんどゴリ巻きで魚をあげたところ、なんか灰色っぽい魚が姿を現しました。
              ん?チヌか?




              グレ(約40cm)でした。


              山陰でコッパグレくらいしか釣ったことがないので本気でびっくりしましたが
              スマホの充電が切れていたので私の手元に画像がありません…。
              (夫が持ってるはずなので近いうちにアップします)
              こんなの瀬戸内海にもいるんですな。





              そのグレの半身はたたきになりました。
              結構あぶらがのってました。
              もう半身は塩焼きにしましたが身がぶりぶりで反りまくってえらいことになりました。





              肝いりのウマヅラはやっぱり煮つけですなー。
              他にも薄造りや鍋で食べましたがウマヅラを食べつつ日本酒を飲むと冬って感じがします。


              次回は2週間後にウマヅラ一本やりで出撃の予定です。
              やる気まんまんです。


               

              12/22 ウマヅラハギ釣り

              0
                JUGEMテーマ:魚釣り


                先々週に釣って帰ったウマヅラハギは、





                煮付けとなり、





                鍋となり、





                唐揚げとなりました。
                やっぱりウマヅラは可食部が多くて食べ応えがあります。
                料理した残りは備蓄用に冷凍してはいますが、もうちょっと欲しいなー


                ということで遊漁船魚籠の甲斐出船長にいそいそと電話。
                週間天気予報を見ながら21、22、23の連休のうち天候が良さげな日に
                ウマヅラ釣りに出てもらうことになりました

                −水曜日−

                船長「今のところ日曜有望ですかねー 土曜はありえんです」
                私「月曜日はケーキ焼くけん晴れても出んよ 日曜かねえ」

                −金曜日−

                船長「日曜日の天気が月曜にずれそうなんすよねー」
                私「月曜はケーキ焼くけん出んよ!」

                ケーキ、ケーキてうるせえよ!と、船長はムカついたかと思いますが
                無事、12/22の日曜日にウマヅラ狩りに出かけました。


                朝のうちは風が残るかも、と言われていましたが
                あゆみまるで散々悪天候に慣らされた私と夫にとって少々の風など凪のうちです。
                若干潮が早い感じでしたが、撒き餌をしないのでまったく問題もなく
                甲斐出船長のピンポイントハゲポイントを攻める見事な操船により順調に釣り続け、



                (手前が我が家の釣果)



                (手前が我が家の釣果)


                前回よりも大型が多かったおかげで
                同じくらいの量に見えて実は前回より10匹少ない80匹が今回の釣果です
                船が血まみれですのぅ


                帰り道にまたもや友人や親族を回ってウマヅラを配りまくり、20時過ぎに帰宅。
                そこから我が家分のウマヅラをばりばりと捌き、





                用途別にわけわけし





                唐揚げ用と鍋用は小分けで冷凍しました。
                釣り用の冷凍庫が満タンになりました


                そして翌日のクリスマスイブイブ。
                甲斐出船長が日曜日に出てくれたおかげで予定していた通り、





                ケーキと





                マンガ肉を作ることができました
                夫が大喜びで写真を撮りまくっているのを見て満足w


                今回のウマヅラ狩りで今年の釣りは終了です。
                思う存分魚を釣り上げることができて良い釣り納めになりました。
                甲斐出船長ありがとうございました

                12/7 ウマヅラ釣り

                0
                  JUGEMテーマ:魚釣り


                  今年はウマヅラハギの数が多いらしい、という噂を聞きました
                  そういえばそろそろ肝がぱんぱんになってるんだろうな〜、
                  鍋物うまいよね〜、
                  肝醤油で薄造り食べながらぬる燗もいいよね〜、などと夫と話しているうちに
                  いてもたってもいられなくなり、ウマヅラを釣りに行くことにしました。
                  今回お世話になったのは廿日市港の遊漁船 魚籠(びく)。
                  夫のフェイスブックにあがってくる釣果情報を見ると
                  ウマヅラをたくさん釣らせてくれそうな感じで期待大です。





                  当日、朝6時半に廿日市港に行ってみてびっくり
                  魚籠の船は予想していたより大きな39フィートの船です。
                  なのにお客は私と夫の2人だけ。

                  甲斐出船長「や、2人でも全然大丈夫です!今日はがんばりましょう!」

                  うおー!あんた男前や!ありがとうありがとう!
                  しかも魚籠のキャビン内は暖房がついていて釣り場まで超快適。
                  甲斐出船長のいろんな話を聞きながら船に揺られて1時間、
                  ウマヅラ釣り場に到着しました。


                  ウマヅラ釣りというと
                  地アミを撒きながらウマヅラを寄せて釣る方法が一般的ですが、
                  私も夫も撒き餌を使う釣りが好きではありません。
                  そして甲斐出船長も撒き餌を使わないでウマヅラを釣るのがモットーだそうで
                  撒き餌使わなくてもいいよねーと意見を一致させながら釣りを開始します。
                  船長の指示するタナに餌をつけた仕掛けを入れることが重要なので
                  カウンター付きのリールが必須ですが釣り方は簡単です。

                  甲斐出船長「どうぞ、18mです」

                  海面で0セット確認、18mまで仕掛けを沈めてウマヅラのアタリを待つ、

                  ウマヅラのアタリを待つ…

                  アタリを待つ…

                  アタリ…

                  アレ?

                  私、全然アタリがありません
                  船の後方にいる夫には順調にウマヅラが釣れているのに
                  私の仕掛けは回収してもエサがついたままです。

                  なんかおかしいな…

                  それでも時々ウマヅラが釣れるので単に私がヘボいだけかと思いましたが
                  ウマヅラがいるのにサシエが全部無事というもの納得いきません。
                  とりあえず底をとってみようかなと仕掛けを沈めてびっくり。
                  船長によるとここの水深は25m、私のリールのカウンターの表示は60m。

                  リールのカウンターがおかしい!

                  慌てて仕掛けを巻き上げて0セットから1mくらい仕掛けを出すと
                  2倍くらいの数値が表示されます。
                  おかしいと思ったら船長の指示タナの半分しか仕掛けいれてなかったんか…。
                  そりゃエサ取られずにあがってくるわなー。


                  この日は第2候補として鯛ラバもやる予定だったので
                  リールはカウンター付きの紅牙ICSを持参しています。
                  この時点で鯛ラバはナシとなっていたのでリールを交換してしまえばいいんですが
                  予期せぬリールの不調に気が動転した私は

                  船長の指示した水深を2倍した数値を沈めればいいや(*´∀`)アハハ

                  という結論に達しました。


                  で、終日2倍の掛け算をし続けながら釣りをした結果ですが





                  2人でウマヅラ90匹!
                  2人とも途中から数えるのをやめていたので詳しい内訳は分かりませんが
                  ほぼ同数、差があっても同数±3くらいかなー。





                  これだけ釣れると35リットルクーラーの蓋が閉まらないので
                  夫が廿日市港隣のナフコにフリーボックスを買いに走りましたw


                  さすがに90匹は消費しきれないので、
                  帰りながら釣りの格好のままであちこちにおすそ分けにまわりました。
                  釣りたてのウマヅラはどこの家でも大人気w





                  帰宅後、さっそく薄造りを肝醤油でいただきました。
                  あわせたお酒は高知県の酔鯨です。
                  肝ぱんぱんのウマヅラを食べると冬の訪れを実感します。


                  今回は良い遊漁船と出会えたし、ウマヅラはたくさん釣れたし大満足
                  今年の釣り納めにもう一回ウマヅラ行こうかなと思う私と夫でした。
                  甲斐出船長、ありがとうございました。
                  楽しかったし、お話に中にポリシーもびんびん感じましたよ!
                  いよ!男前!

                  12/12 ウマヅラハギ釣り

                  0
                    JUGEMテーマ:魚釣り

                    肝パンのウマヅラハギをたくさん釣りたくて、
                    夫と2人でこのクソ忙しい年末に有休をとって船で出てきました(・∀・)
                    今回お願いしたのは廿日市港から出ている遊漁船NOZOMI
                    こちらの中平船長は遊漁船をはじめられる以前からの我が家の知り合いなので

                    『とにかくウマヅラを気が済むまで釣らせて』

                    という我が家の欲深さ全開のお願いを快くきいてくださいました。
                    ありがとう中平さん!





                    ということで朝6時半に廿日市港を出発し、1時間後最初のポイントに到着です。
                    ちょっと寒いけれども良い天気で無風その上凪。
                    こんないい状態で釣りするのいつぶりだろう…としみじみしながら仕掛けを準備





                    これまで何度かやったウマヅラ釣りは、地アミを撒いて魚を寄せつつ
                    底からゆっくりと仕掛けを引いてウマヅラを乗せるという感じだったので
                    今回も最初は比較的柔らかめのロッドを使っていたのですが
                    中平船長から仕掛けをウマヅラのいる層から浮かせ気味にしておいて
                    ウマヅラのアタリをとってアワセる釣り方を勧められたので
                    それならってことで念のため持ってきておいたA-BRITZにタックルを変えたところ
                    ウマヅラがもりもり釣れ始め、専用竿の威力を思い知ることとなりました。
                    いやー買って良かったA-BRITZ


                    ということで今回の釣果はこちら。




                    32〜37cmのウマヅラが19枚
                    どいつもこいつも肝パンのニクいヤツらです。
                    これで『嫌になるほど肝醤油で薄造りを食べたい』という我が家の念願が叶い、





                    キャー!肝も刺身もすごい量!(ちなみに薄作りは小皿1つ分が別にあります)
                    年寄りの食卓のような地味目な他のおかずたちを吹き飛ばす勢いのこの存在感!
                    濃厚でシコシコで超うまい!





                    先日夫が徳山でいそいそ買ってきた新酒とともに思う存分堪能しました





                    が、やはり人間には限界というものがあり、
                    2人で3匹は食える!とか思ってましたが残ってしまったカワハギの薄作りたち。
                    が、しかし心配は無用です、ということで今朝の朝ごはん!





                    深めのシチュー皿に薄作りを敷くように並べて





                    鶏ガラスープで作ったあっつあつのおかゆを薄作りの並んだ皿に注ぎ、





                    細めに刻んだ青ネギをいれ、ゴマ油を少々タラリ。





                    あつあつのおかゆの熱で柔らかく火の通った白身魚入り中華粥のできあがり。
                    釣りの疲れで弱った身体に優しい味です


                    おすそわけで8匹旅立ちましたが、まだまだ在庫がある我が家のウマヅラたち。
                    とりあえず今夜は鍋をしたいと思います

                    カワハギ2連戦

                    0
                      JUGEMテーマ:魚釣り


                      周防大島・下田沖の筏カワハギ釣りの夢が破れはしましたが
                      私には浜田があるじゃないか、ということで
                      3連休の初日、11/23に西沖波止に行ってきました





                      ここのところ西沖波止ではヒラマサがイイ感じらしく
                      この日も多くの人が沖に向かって仕掛けを投げています。
                      真正面の沖に瀬を示すブイが浮かぶ良い位置に入れたので
                      夫がいそいそとショアジギの用意をする隣でちんまりとした仕掛けをセットする私。
                      今日はカワハギしかやらないぜ!ということでエギすら持ってきませんでした。
                      我ながら沖波止の使い方を間違えているとしか思えません





                      そして1投目から18cmの良型ゲット! 
                      やっぱ西沖だと大きいのが釣れるんだーと波止の上で踊りだしたいほど喜びましたが
                      その後は大判のワッペン連打で通常営業になりました。
                      くそう!ぬか喜びさせやがって!


                      でも釣れたカワハギをしげしげと眺めると
                      よく肥えた肝が透けて見えているような感じがします。
                      火電波止のカワハギは肝が入る気配すらありませんでしたが
                      やっぱり西沖だと肝が入るんだー!


                      しかし帰宅してカワハギを捌くと肝だと思ったのは単なる内蔵だということが判明。
                      くそう!ぬか喜びさせやがって!





                      ということでカワハギは唐揚げになりました。
                      今回は夫のリクエストで塩コショウ味です。


                      この日の浜田の海水温は27.3℃もあったので、海の中はまだまだ夏。
                      だからヒラマサが釣れるのでしょうが、カワハギの肝が入らないのも納得です。
                      しかし肝が入らないくせにアタリだけはしっかりと冬のチビチビした感じになっているので
                      さすがにエギングロッドでは数が伸びなくなってきました。
                      そもそもカワハギを狙うのにスピニング使うってどうなの、ということで





                      A−BRITZカワハギを買ってやったぜ、ふははははははは
                      去年から買うか悩んでいたのですっきりしました。


                      せっかく専用ロッド買ったからカワハギ釣りに行きたいなー、
                      エギングロッドとの違いを試したいなー、と
                      サンフレッチェ優勝の喜びとともに竿先をぶんぶん震わせていると


                      夫「じゃあ明日火電行く?」
                      私「え!でも明日日曜じゃん、明後日から仕事じゃん」
                      夫「まーねー」





                      でも来てしまいました。
                      日曜の火電波止、すがすがしい快晴です。
                      そんでもって前の日にジグで86センチのヒラマサが出たとかで満員御礼状態です。
                      そんな中、夫は鼻息荒くショアジギを始めましたが





                      私はカワハギ用の寄せ餌を撒きつつ、カワハギの準備。


                      しかし、この後にぎっててポンで引き寄せられた小鯛や小イサキ、磯ベラなど夏のお魚の猛攻に合いカワハギは13匹で終了。
                      磯ベラは40匹くらい釣れました。
                      心からあいつらが憎いです。
                      ついでにエサがなくなったので持参したシーバスロッドでルアー投げたらエソがきました。


                      13匹のカワハギは例によって肝の気配がなかったのでまたもや唐揚げに。
                      やっぱりカワハギの唐揚げは生姜醤油味の方がうまい。


                      なんだか不完全燃焼な結果になりましたが
                      12/1の土曜日にあゆみまるでタチウオ&ウマズラ&鯛というなんでもあり釣行に出るので
                      A-BRITZにはその時に本気を出してもらおうと思います。
                      波が出ないことを願ってやみません。



                      1/2 >>

                      ブログ村

                      海快晴

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      • お年玉的なもの
                        ぐりこ
                      • お年玉的なもの
                        かっちん
                      • 良い一日(12/3 ウマヅラ&タチウオ)
                        ぐりこ
                      • 良い一日(12/3 ウマヅラ&タチウオ)
                        かっちん
                      • 神と呼ばれて(11/26 ウマヅラ)
                        ぐりこ
                      • 神と呼ばれて(11/26 ウマヅラ)
                        S田
                      • 手はべたべたになります
                        ぐりこ
                      • 手はべたべたになります
                        かっちん
                      • 人生初&今季初
                        ぐりこ
                      • 人生初&今季初
                        かっちん

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      PR