<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2017.01.06 Friday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    お年玉的なもの

    0

      JUGEMテーマ:日常。

       

       

      あけましておめでとうございます。

      今年もTuttekuuとぐりこをよろしくお願いいたします。

       

       

      とはいえ年末年始は病院に詰めているような状態だったので(現在も継続中)

      クリスマスも正月も そういえばそんなもんがあったような という感じで

      夫も私も小掃除すらできていない自宅で眠るだけの日々を過ごしていました。

      年末年始の釣りの予定もすべてふっとび、1月末の予定すら危ぶまれております。

      でも釣りができるようになるということは大事なのものを失うということに繋がるので

      もうしばらく釣りのことは忘れていようと思います。

      関係者の方々ごめんなさい。1月末のはもう少ししたら段取りつけます。

       

       

      そんな中、溢れ出るネタを惜しげもなく我々に提供しつづける、ある意味『神』のK川さんが

      新年早々九州にてヨコワマグロを釣り上げてくるという快挙を成し遂げました。

      すごい!今年のヤスシ君はひとあじ違う!

      しかもそのヨコワマグロをふるまってくれるというではありませんか。

      うおー!釣りたてのマグロが食えるとは!夫は出張でいないけど行きます!行きます!

       

       

      と、いうことで

       

       

       

       

      うわあ、なんか魚なのに金属光沢がすごい。

      表面がテッカテカだ。

       

      カウンターに座って3人(K川さん、K神さま、ぐりこさん)で飲み物も飲まずに

      そわそわと魚が出てくるのを待つこと約15分、いよいよその時がきました。

       

       

       

       

      どうですか、この夢の光景。

      手前がヒラマサ、奥がマグロです。

      即座にこの写真を夫に送りましたが

      LINEの向こうで『お前ぶっ殺す』と思われているのが伝わってきました。

      でもいいの(´∀`*)うふふふ なんとでも思え。

       

       

      K神さまは魚食練習中なのであまり量が食べられないのをいいことに

      私とK川さんでもりもりとお刺身を消費します。

      よく考えたらK川さんは自分で釣ったからいいとして、

      私はなんもしてないのに遠慮なくビール片手に魚をガンガン食いまくってたなあ。

      2人でこの量のほとんどを完食しましたからねぇ。よく考えると恥ずかしいなー(〃゚д゚〃)

       

       

      しかもこの後、ヒウチステーキのサラダ仕立て(写真なし)を食べて、

       

       

       

       

      この枕みたいなデカさのオムライスを食べるという暴挙。

      私はさすがにオムライスは少ししか食べられませんでしたが(←食ってる)

      K川さんがすべてのものをまんべんなくもりもり食べるのを見て

       

       

      大きくなれよ…

       

       

      と、母のような気持ちになりました。嘘です。感心はしました。

       

       

      年はあけたもののおめでた感の無かった私にやっとこお正月がきたような感じ。

      K川さん、K本さんありがとう。超感謝なのです。

      なんだか気力が湧いてきました。

      みんなと元気に釣りにいけるようにがんばらなくては。

       

       

       

       

      お土産にもらったマグロは今日戻ってくる夫に食べてもらいますよ!

      あと、写真を撮る時には電気をきちんとつけようと思いました。


      良い一日(12/3 ウマヅラ&タチウオ)

      0

        JUGEMテーマ:魚釣り

         

        先週に続き、今週もウマヅラを狙いに海に浮かんできました。

        今回は、K神さま、ナン神さま、Tにぃ、T藤さん、S本さん、T口さん、夫、私の8名。

        天気予報では風もなく日中はポカポカ陽気とのことだったのですが

        いざ港についてみるとなんだか北風が強いし、思っていたよりも寒い!

        それもそのはず、今回のチャーターにはT口さんという荒神さまが参加です。

         

         

        ※荒神さまとは

        どんなに凪の予報が出ていても、海上の天候を荒らす運を持つ人のこと。

        時化神さま、風神さまなどの種類があり、

        荒神さまが海に出て天候が良かった場合は一帯の海が砂漠化するという

        どちらに転んでも同船者に修行をもたらすありがたくない神さま。

         

         

        天気予報では微風の南風だったはずなのに、実際のところ北風がびゅーびゅー。

        荒神さまの実力まじぱねえっす。

        そんなこんなで全員集合&船がきたので朝7:30に港を出発しました。

         

         

        ええ天気&強風

         

         

        そしたら出発直後にキャビンにいたK神さまが

         

        K神さま 「エサを車に忘れたかもしれん…」

         

        などど言い始めました。

        まだ戻れるかもしれんから荷物見てきたら?と言うと、なにやらそれはしたくない様子。

        そうしている間にも船はどんどこ沖に進み、いつの間にやら釣り場に到着しました。

         

        K神さま 「やっぱり作ったエサがないーーー!!車に忘れたーーー!!」

         

        やっぱりねそうだよねだから見てこいっつったろなどと色々な思いが胸をよぎりますが

        私もいい大人なので爆笑だけして余計なことは口にせず

        とりあえず我が家のエサをK神さまに1パック手渡して釣り開始。

        私の後方ではK神さまが もう俺のウマは終わった や 誰か俺を殺してくれって感じ などと

        あれこれ暴れているようですが、私のウマは終わってないので竿先に集中します。

         

         

        魚探にはそれなりにウマヅラの魚影は出ているようですが

        いかんせん活性が低いのかチビチビしたアタリしか出ず”またか”と思わずにはいられません。

        しかも水温が高いのか、仕掛けがウマヅラのいるであろう水深よりも下にいくと

        もれなくイソベラが釣れるというベラベラパラダイスまでおまけについてきました。

        おのれイソベラ、お前のその三白眼が憎い。

         

         

        で、あれこれと苦戦しながらボチボチとウマヅラを釣り上げていると

        船の前の方でS本さんとTにぃがビールを飲んでいるのが見えました。

        よし、私もそろそろ持ってきたビール飲もう!(←ダメ人間)

        つられるように缶ビールをあけ、船の前の方に行ってみたところ、

        釣りもせずに船首に寝そべっていかくん食べながらビールを飲むナン神さまや

        足元にビールの缶を何個も転がす人たちがそこにいました。

        みなさん楽しそうですね…。

         

         

        お昼の潮どまりのタイミングでタチウオも狙いましたが

        渋い&サイズ小さい、でみんなの気持ちも萎え気味です。

        人が釣り上げるサイズを見て一番最初にやる気を喪失したナン神さまが私の隣で

         

        ね〜、小さいし、今の時期のタチウオなんか釣る気にもならんも〜ん

        脂ものってないしさ〜

         

        などと念仏のように繰り返している間にアタリを3回ぐらい合わし損ねたりしましたが

        なぜか普段なんぼ使ってもかすりもしないアンチョビミサイルが妙に好調で

        アンチョビミサイルで釣れるなんて珍しいねー、などと夫と喜びつつ、K神さまにもその旨を告げると

         

        K神さま 「アンチョビミサイル、エビと一緒に車においてきた…」

         

        ごめんなK神さま。

        けっして死体蹴りをするつもりじゃなかったんだよ。

         

         

        こんな感じでみんな真剣に釣りに取り組んだり、あれこれ話したり、タチウオが空振りだったり、一瞬訪れた時合を寝て過ごしたり、釣果は別としてわいわい楽しく過ごした一日でした。

        いやもうこれでいいんです。楽しければオールオッケー。

         

         

         

         

        綺麗な夕焼け。

        よく遊びました。

         

         

        で、帰ってからのお楽しみは釣った魚を食べること。

        今回はたくさん釣れなかったけど帰ってからが超楽ちんです。

         

         

         

         

        ウマヅラのお刺身。

         

         

         

         

        ウマヅラの煮つけ 胆増量Ver.

         

         

         

         

        2匹だけ持ち帰りサイズが釣れたタチウオは翌日のお昼に天丼にしました。

        ウマヅラのアラの汁物もよい出汁が出てうまいですな。

         

         

        ということで今回のウマヅラ釣りが我が家の今年最後の釣りとなりました。

        毎年、年末ぎりぎりまで釣りの予定を入れて正月の準備で死にそうになるので

        今年は少し早めに釣りおさめにしましたがちょっと早すぎたような気もしないでもないです。

         

         

        今年ご一緒したみなさまも、ご一緒できなかったみなさまも

        Tuttekuuをご覧いただいてありがとうございました。

        来年もよろしくお願いいたします。


        神と呼ばれて(11/26 ウマヅラ)

        0

          JUGEMテーマ:魚釣り

           

          今年もまた甲斐出船長(ぼんくら)のとこの魚籠でウマヅラを釣りに行く季節がやってきました。

          と、その前に、

           

          ---ぐりこさんからのお知らせとお願い---

           

          11月にアップした記事で『家族が入院』と書いたところ

          私のドコモメールに心配メールをくださった方がいらっしゃいました。

          が、差出人のお名前がなくメアドを見ても誰かマジでわかりません。

          私はブログにメアドのリンクをいれてないのと、時間があれば食事に行こうと書いてあることから

          間違いなくここを見ている知り合いの誰か、ということは分かるのですが、あんた誰?という状態です。

          このご時世でうかつに返信も恐ろしいのでなにもお返事しておりませんが

          お心あたりの方は名前をいれてご一報くださいませ。

           

          ---

           

          今回のウマヅラ釣りは総勢8名でのチャーターです。

          参加された全員がウマヅラ用ではなく本カワハギ用のロッドを持ってきた、ということから

          並々ならぬやる気が感じられるというもの。

          よし、私もがんばらねば。

           

           

           

          港を出て1時間ちょっとで最初のポイントに到着。

          朝なので波がさぱさぱしているようですが、この程度ならば問題ありません。

           

           

           

           

          ということでいそいそと支度開始。

          写真は去年から使用しているシマノのカワハギ用ロッドスタンド船 BCですが

          これが非常に使い勝手がよく、仕掛けを上げて針をエサつけて仕掛け投入して、の

          一連の動作がもたつきなくできるので超オススメです。

          あんまり大きくない&エサ箱は取り外し可能なのでかさばりませんよー。

           

           

          ぼんくら 「ではいってみましょう、水深25mです」

           

           

          前回のタチウオ&ウマヅラではほんとうに苦い汁を飲まされたので

          今回はクーラーいっぱいにウマヅラとっちゃる、くらいの意気込みです。

          指示タナに仕掛けをなじませて集中していると、

          ぽつ…ぽつ…とウマヅラがえさをついばんでいるような感触が感じられ、

          もうちょい、もうちょい食い込んだら合わせて…食い込んだら…食い込んだら…

           

           

          食い込まない!

           

           

          ちびちびとエサを噛まれては全部とられを数回繰り返して、場所を移動することになりました。

          これはまたやヴぁいパターンなのでは。

          そういえば朝のニュースで伊予灘辺りで震度1とか言ってたな、影響あるんかいな。

           

           

          次に入ったポイントはさっきよりウマヅラのアタリが分かりやすく、

          ようやく1匹目が釣れて一安心です。

          しかし思っていたよりも活性は悪いようで、船上ではみなさん大苦戦。

          船長が漁探を見て魚のいる層を教えてくれてはいますが、

          その中でも食い気のあるウマヅラがいる層をじわじわと探していかないと

          アタリがないなあと思っている間にエサだけ取られて終わってしまいます。

           

           

           

           

          最後に入ったポイントでプチラッシュに遭遇し、少し釣果が伸びましたが

          それも長くは続かす、陽が傾きはじめたところで納竿。

          我が家のクーラーは一番奥のひときわでかいヤツです。

          この日は夫と2人でウマヅラ51枚と小鯛1枚で、渋い割にはまあまあかなーというところ。

           

           

          で、釣りが終わってご一緒した方々から色々とお話をきいたところ

          みなさんに共通した悩みポイントがあるようでしたので

          いちおう私なりに気を付けている項目を書いておこうと思います。

           

           

          .蝓璽襪離ウンターは狂いのないようにしておくこと

          他の釣りだとあんまり関係ありませんが、ウマヅラはカウンターで水深をチェックし続けることが

          釣果を伸ばす重要なポイントとなります。

          活性が高い時はいいのですが、活性が低い時などは魚の群れの中でも食い気のあるやつが

          群れのどのあたりに固まっているのか探すことが大切です。

          なのでリールのカウンターはきちんと調整しておく必要があります。

           

          ▲┘気陵無はこまめに確認

          ウマヅラの場合、そこに魚がいるのであればかならずエサになにかしらアタックがあります。

          竿先や手元になにかしら違和感があった、もしくは長い時間仕掛けをいれているのになにも反応がない、

          でも魚がかからない。

          こういう時はこまめに仕掛けを巻き上げてエサがあるかチェックしましょう。

          エサがなければすぐにつけて再投入。

          エサが残っているようならばすぐに指示タナまで落とせばよいだけです。

          あとなんどもエサが丸残りしているようならばカウンターを疑ってください。

           

          D爐譴覆せはそこそこがんばる ラッシュは超がんばる

          どんなにがんばったって魚に食欲がなければエサが無駄に減るしこちらも疲れます。

          釣れない時間はラーメン食べたり、お話したりでまったり待ちましょう。

          その代わりラッシュがかかった時は集中してがんばって!

          釣れる時間にどれだけ枚数を伸ばすか、というのがこの釣りのキモとなります。

          手返しも重要。

           

           

          そろそろウマヅラの胆がパンパンになってきています。

          楽しい楽しいウマヅラ釣り。

          ここをご覧のみなさまもぜひ(・∀・)


          終わりとはじまり(11/3サワラキャスティング&11/5ウマヅラ・タチウオ)

          0

            これまでの鬱憤を晴らすべく、週に2回の釣行に挑んできました。

            夏に釣ったタコとイカで冷凍庫にはあまり余裕がありませんがそんなことお構いなしです。

             

             

            まずは11/3の文化の日、

            ナン神さまに導かれイワシつきのサワラでオフショアキャスティングです。

            前回のサワラの時にナン神さまから教わったアンダーでのキャスト方法がやたら投げやすく

            私にしては飛距離が出るので、飛ぶサワラは全部いただいた くらいの気持ちでいましたが、

            前日にナン神さまから船のエンジンの調子がよくないという連絡が入り、

            なんとなく 中止かな〜、と思っていました。

            しかし我が家(主に夫)の鼻息の荒さが風に乗ってナン神さまのところまで届いたのか、

            その空気を呼んだナン神さまが午前中部品交換するからお昼に出船しようと言ってくださいました。

            ありがとうありがとうさすが神さま。

             

             

            ということでお昼に港に集合。

            良い天気ですが風が冷たくて強いので海水温の低下が心配です。

            港を出て約1時間で釣り場に到着。

             

             

            風つよっ!

             

             

            思っていたよりも2段階くらい風が強く、波もザブザブしてますが

            周囲には10余りの船がうろうろしていて魚の気配を探しています。

            ほどなくナン神さまがベイトを発見したので張り切って釣りを開始しました。

            少しして私がサゴシをゲット。おお!いい感じじゃん!

             

             

            しかしそうは問屋がおろしてくれないのがシーズン終盤のサワラ。

            風と波が強いので水面を割って跳ねるサワラの姿はまったくなく、

            海中もベイトの塊はあるものの、肝心のそれらを捕食する青物の気配がありません。

            もっと深場に主戦場が移ってしまったのでは?と思いましたが

            それでもこんなにベイトがいるのに、こんなにご本尊がいないなんて。

             

             

            あれこれと悩みながら釣りを続けている間に、夫が超良型のサワラを釣り上げてほっと一息。

            ぱんぱんに肥えててすごく旨そうです。

            やったぜ、これで酢〆のサワラの在庫を追加できるぞ!

             

             

            その後、良型そうなサワラを夫がラインブレイクで取り逃がした他は特に事件もなく迎えた夕暮れ時、

            一緒に船に乗り込んだ若いにいちゃんが魚を釣っていないのを気にしたナン神さまの気合が通じたのか

            ようやくにいちゃんの竿に魚がヒット!→チヌ という笑えない幕切れでこの日の釣りが終了しました。

            帰り道にナン神さまとこの日の総括をした結果、

            午前中に釣り場にスナメリが入ったのだろうという結論に達しました。

            スナメリがいなかったとしてもそろそろサワラは沖に抜ける時期に差し掛かっているので

            この釣行が今年最後のサワラかなーという感じです。

            ナン神さま、薄着で寒い中お疲れさまでした。今年もほんとにありがとう。

             

             

            で、その2日後の朝6:30に今度は東方面の港で船に乗り込む夫と私。

            今回はK神さま主催のウマヅラ&タチウオ狙いのチャーターです。

            この釣行は確かまだ夏にもならないような時期に決まっていたように記憶してますが

            今冷静に考えるとタチウオはともかくウマヅラにはちょっと早いよね!

            でも、もしかしたらすごい釣れたりして、という甘い考えで全員が船に乗り込みました。

             

             

            メインはウマヅラ、お土産にタチウオ釣れたらいいねーと事前に言ってはいたものの

            ウマヅラがものすっごくしっぶしぶです。

            ポイントにいるのはいるみたいですがアタリがとれないどころか

            エサがまるっと仕掛けに残っているのを見ると どんだけ食い気ないのあんたたち… という感じ。

            ポイントに入って一流し目でパタパタとアタリ、ようやく釣れるとこに来た、と思っても

            次の流しではすぐに沈黙、と全員がウハウハを夢見て持ってきた欲望箱(※大型クーラーの事)が

            むなしく足元でかさばっているだけで中身がすっからかんなのが悲しいところです。

             

             

            船後方で釣りをしていた夫、私、K神さまは渋いなりにちまちまとウマヅラを水揚げしましたが

            船前方の方々がみなさんがどんどん悲しげになっていってたらしく、心を痛めたK神さまが船長に

            ”T兄が見ていられないからタチウオの反応を探せ”との指令を出したそうで

            釣り終盤はサーベリングになりましたが、この判断が大当たり。

            久々にワンピッチワンジャークでたやすくタチウオがアタックしてくるという

             

             

            タチウオ釣りってこんなに楽しかったんだ!

             

             

            とキラキラしながらみんなで笑いあうような楽しい釣りで終わりとなりました。

            この日の我が家の釣果はウマヅラ13匹、タチウオ16匹。

            タチウオはK神さまがびっくりするようなドラゴン釣ってましたが我が家のは指4本MAXかなー。

            スレがかりでお腹に穴が開いたのはキープして口にかかった小さいのは全部リリースしました。

             

             

            ウマヅラはちょっと早かった感じですかねー。

            今月末にはきっと状況が良くなっている…はずなので、次回がんばりましょう。

            たくさん笑って、わーわー言って、2回とも楽しい釣りができました。

            2人の神さま、ご一緒したみなさま、ありがとうございました。


            日常を取り戻せ

            0

              9月末からやたらと忙しく、まったく更新できませんでした。

              更新どころか自分のブログを見にくることさえしておりませんでしたが

              日々の生活がようやく落ち着きを取り戻したので

              それじゃいっちょブログでも更新すっかな と久々にログインしてみたところ

              息してるんだかどうだかわからない状態のこの辺境ブログに毎日100~250のアクセスがあるのを見て

               

              かたじけなさに涙こぼるる…

               

              という心もちになりました。

              みなさまお元気でしょうか、肩がこってる以外は私は元気です。

               

               

              で、更新もせんとおどれはなにをやっとったんなら(広島弁) と言われると

               

               

              (写真が横ですが気にしないでください)

               

               

              仙台方面に旅行に言ったり

               

               

              行った先でうまいもの食ったり、

              ナン神さまにサワラ釣りに釣れていってもらって

               

               

              サワラのたたき

               

               

              サワラのヅケ丼

               

               

              サワラの塩麹焼き

               

              サワラを毎日おいしく食ったり(残りは醤油づけや味噌漬けや〆サワラにして真空パックで冷凍)

               

               

              黒田の引退にショックを受けたり(号外もらいました)

              K神さまの釣った10キロブリを味見しに市内某所に集合したり

               

               

              塩鰤の焼き物

               

               

              タコ天

               

               

              豚耳

               

               

              K神さまの釣ったサワラのたたき

               

               

               

               

              ごぼう天

               

               

              うまかったです(げっふり)

              K神さまありがとうー!

               

              あとは国家試験受けたり、実家に入院患者がでたりしてました。

              でもとりあえず慌ただしかった時期が終わったので今週は2回釣りに行きます。

              そろそろタチウオとウマヅラが射程距離に入ってきましたよ!


              軟体動物捕獲作戦(8/27 タコ&タチウオ)

              0

                JUGEMテーマ:魚釣り

                 

                真夏の激アツターゲットといえばそう!ケンサキイカ!

                本当は8/20の夜に出撃するはずだったイカメタルですが、

                台風の影響を受けて中止になってしまいました。

                ううう、さようなら我が家の夏の軟体祭り。

                Goodbye my summerdaysなのじゃよ。

                しかしここで夫が高らかに言い放ちました。

                 

                 

                「イカがだめならタコを釣ればいいじゃない」

                 

                 

                 

                 

                ということでまたもや石野船長の双恵丸にお世話になりました。

                迷走台風10号のおかげで港まで来てるのに出船中止の判断もありうる中、

                男気溢れる石野船長の「出ます」の一言でいそいそと船に乗り込む私と夫。

                前回、終盤にようやく船タコの奥義を垣間見たのでそのおさらいがしたかったんですよね。

                今回はコウイカスッテ298円にタコベイトをかぶせた自作のタコエギもテストします。

                 

                 

                朝5時半に港を出発し、1時間余りでポイントに到着。

                海は荒れていますが懲りない面々をのせた船もたくさん来ています。

                よし、今回は最初からスパートかけるぜ!と仕掛けを投入。

                 

                 

                着底後3秒でタコがかかりました。

                 

                 

                うおおお!重たい!石を何個抱えてるんだこのタコは!

                タコが石を抱えていること前提でリールを巻き上げると

                手ぶらのでっかいタコがぐわっと足を広げて上がってきました。

                 

                 

                タコ様激おこ

                 

                 

                いきなりデカタコげっとで浮かれる私。

                石野船長にお写真を撮ってもらって本日の仕事が半分済んだ感じです。

                さ、みかんネットにタコいれよう。

                 

                 

                と、思ったらネットがどこにも見当たりません。

                夫に尋ねると 家においてきたカモ などど言い始め、

                仕方がないのでナイフで〆ようと思ったらハサミしかないという最悪の事態です。

                ハサミでなんとか〆ようとするもののタコ様がなかなかおまいりになってくださらないので

                仕方なく生きてるのか死んでるのかイマイチよくわからないタコ様をビニール袋にぶちこんでいると

                釣り終盤になってからクーラーの氷の下敷きになったみかんネットが夫によって発見されました

                氷の下にあるなんかわかるかつーの!

                 

                 

                AM10:00でタコ釣りは終了し、その後は今シーズン初のタチウオの予定でしたが

                まったくもって反応が薄く、2〜3匹釣れれば良い方という状態で終了。

                タチウオのポイントは風も強く波も高かったので粘らずに終わってよかったのかもしれません。

                 

                 

                 

                 

                この日釣れたタコは全部で14ハイ。

                前回よりも大型が多くてうれしかったです。

                 

                 

                 

                 

                さっそく生タコを薄造りでいただきます。

                生タコはわさび醤油よりポン酢がうまいですな。

                 

                 

                イカメタルは不完全燃焼で残念でしたが、タコ釣りも面白くてよい夏の釣りでした。

                タコのぬめりを取ったあと台所のシンクがものすごく生臭くなるのもまた一興。

                タコめしやタコのアヒージョなども試してみたいので

                しばらくは冷凍庫の中身を解凍する作業に精がでそうです。

                 

                 

                次はいつ釣りにいけるんだろうなあ(遠い目


                夢満載(8/11船タコ&8/13日本海スロージギング)

                0

                  JUGEMテーマ:魚釣り

                   

                  夫の数年来の希望、船からのタコ釣り。

                  しかし広島市近郊ではタコ釣りで出てくれる船があまりありません。

                  さてどうしたもんかのうと悩んでいたところ

                   

                   

                   

                   

                  石野船長のとこの双恵丸でタコの募集をしているのを発見。

                  即座に船長に電話して、夫の夢をかなえることにしました。

                   

                   

                  当日AM5:00、

                  船の乗り場の場所が分からなくて倉橋島を右往左往する私と夫がいました。

                  こないだまで朝5時っつったら薄明るかったような気がするんですが

                  思っていたよりも島の朝は真っ暗です。

                  仕方なく船長に電話して場所を教えてもらいなんとか時間に間に合いました。

                  AM3時前に家を出てからすでにぐったり。

                  でも!これであとはタコを釣るだけ!

                   

                   

                   

                   

                  船が港を出発して約1時間半、タコポイントに到着です。

                  もうすでに漁師さんやプレジャーや遊漁船が集結し、かなりの数の船が浮かんでいます。

                  よし、これだけ船がいるということはきっとタコも多いんだろう。

                  はやる気持ちを抑えつつ、タコスッテを海に落しました。

                   

                   

                  着底したら底をトントン、と聞いていたのでその通りに仕掛けを動かそうとしますが

                  トントンがどのくらいの強さや間隔なのかさっぱり見当がつきません。

                  こういう時には釣れている人の動かし方を参考にするべき!

                  隣のおじさんを横目で観察しつつ根がかりさせたりタコに海底に貼りつかれたりしながら

                  ようやく一匹目のタコをゲット!やった!やったよ!

                   

                   

                  後半はスッテの動かし方もそれなりにマスターし、

                  タコがスッテに乗ったときのずっしり感も感じ取れるようになりました。

                  釣れたら即座にみかんネットに放り込む を繰り返しているうちに

                  持ってきたネットをすべて使い切りました。

                  ということで、お昼すぎに納竿。

                   

                   

                   

                   

                  帰宅後、ネットに入ったタコをすべて取り出して

                   

                   

                   

                   

                  わーお、なんかこわい。

                  しかもものすごい生臭さ。

                  数えてみたら全部で20匹いました。

                   

                   

                  タコは生のまま冷凍しておくほうが良いとのことなので

                  とりあえず食べる分1匹だけを残してすべて袋詰めして冷凍。

                  食べる分1匹は片栗粉をまぶしてモミモミした上で足4本を切り取って

                   

                   

                   

                   

                  生タコのお刺身&吸盤の炙り。

                  ポン酢でいただきます。

                  やっと念願が叶った夫とタコを噛みしめながらじみじみと味わいました。

                   

                   

                   

                  残りの足と頭は茹でて翌日のタコパに使いました。

                  自分で釣ったタコで作るタコ焼き、これもやりたかったんですよねー。

                  うれしいな。

                   

                   

                   

                   

                  タコから一日おいた8/13は日本海へ出撃です。

                  AM5:30に江崎港にて和田船長&有福副船長のところの芳美丸に乗り込みます。

                   

                   

                  約2時間弱でポイントに到着。

                  久々のスロージギングがんばるぞーとジグを海に落して釣りを始めたところ

                   

                   

                  腕が痛い…

                   

                   

                  筋肉痛じゃないから大丈夫だろうと思っていたのに

                  明らかにタコ釣りの影響でジグを動かすたびに腕の奥の方の筋肉が痛みます。

                  ひいひい言いながらジグをシャクりましたが手首まで痛みが走るようになり

                  これはインチクを出さざるを得ない!と日和りまくってタコベイトにすべてを任せました。

                   

                   

                   

                   

                  タコベイト様のおかげでマハタ2匹とイヤゴハタ1匹を手にして満足な私。

                  インチクに日和ることなくジグをシャクり続けた夫には残念ながらハタ類はきませんでしたが

                  デカサゴをきっちり釣りあげていてさすがだなと思いました。

                   

                   

                  このお盆、タコもスローも楽しかった。

                  特にスローはGWに悪天候で中止になり、6月に2週連続で中止になり、と

                  なかなかできる機会に恵まれなかったので今回はとてもうれしかったです。

                   

                   

                  とりあえずタコは近々アヒージョにするつもりです。

                  そのためにスキレット買っちゃったもんねー!


                  手はべたべたになります

                  0

                    JUGEMテーマ:料理

                     

                    これまで釣って帰った魚のアラはアラ炊きにするか、じっくり煮出して汁物にするかのほぼ2択。

                    それで特に不満なくうまいうまいと食べてきましたが

                    ここ最近、魚のアラが出た時の超おたのしみ料理が登場しました。

                     

                    それはブイヤベース。

                     

                    本来は大量の魚のアラを長時間煮出して濃厚なスープをとらないといけないらしいのですが

                    そこは文明の利器である圧力鍋におまかせです。

                    それでは手順スタート。

                     

                     

                    ----用意するもの----

                     

                    魚のアラ お好きなだけ ※今回は鯛50up2匹分 アコウ40up2匹分使用

                    ニンジン 1本

                    玉ねぎ  大1個

                    セロリ  1本(葉はむしって茎だけ使用)

                    トマトサルチャ または トマト水煮缶1個

                    白ワイン 200cc

                    サフラン 適量(ハウスの瓶入りので半分くらい)

                    ローリエ 2枚

                    海老(できれば有頭海老) 好きなだけ

                    白身の魚 好きなだけ

                    あさり  好きなだけ

                    にんにく 2かけ

                    オリーブオイル 適量

                    ブイヨン 適量

                     

                     

                     

                     

                    玉ねぎ大1個(中なら2個)、ニンジン1本、セロリ1本を薄切りにして

                    ボールでざっくり混ぜておきます。

                     

                     

                     

                     

                    きれいに水洗いして血や汚れや正体不明のびろびろなどを取り除いた魚のアラを圧力鍋にいれます。

                    今回は鯛とアコウを使いました。

                     

                     

                     

                     

                    鍋に魚ひたひたの水を注ぎ、蓋をせずに火にかけます。

                    沸き立ってきてアクが出たらとります。

                    蓋をするとアクは処理できなくなるのでここは念入りに。

                     

                    アクがきれいにとれたら薄切りにしておいた野菜の半分とローリエを鍋にいれ

                    圧力鍋の蓋をします。

                     

                     

                     

                     

                    15分加圧します。

                     

                     

                     

                     

                    15分たったらすぐに火からおろし、水で急冷します。

                    鍋も熱いし蒸気も出るのでやけどに気をつけて。

                     

                     

                     

                     

                    冷ましている間にスープ作りの準備をします。

                    まずは100ccの白ワインにサフランを入れておきます。

                     

                     

                     

                     

                    厚手の大き目の鍋にオリーブオイルをいれて弱火にかけ

                    みじん切りにしたにんにくをいれて香りが出るまでじわじわ火をいれます。

                     

                     

                     

                     

                    にんにくから香りがでてうっすら茶色くなったら残りの薄切り野菜をいれて

                    火を中火にして炒めます。

                     

                     

                     

                     

                    しんなりしてかさが減ってきたら弱火にして

                     

                     

                     

                     

                    さてここで我が家の秘密兵器登場。

                    トルコのトマトペースト、サルチャです。

                    トマトのみをじっくりと煮詰めてペーストにしたトルコにおける味噌な醤油的なもの。

                    これすごく便利なんですよー。

                    カレースプーン2杯でトマト水煮缶1缶に相当する濃さ。

                    煮詰めてあるので水分を飛ばす時間も短縮できるのでトマトソースなども簡単にできます。

                    しかも1瓶700gも入ってて超でかい。

                     

                     

                     

                     

                    で、炒めた野菜にそのトマトサルチャをカレースプーン2杯分投入。

                    トマトの水煮缶の場合はここで1缶入れてください。

                     

                     

                     

                     

                    野菜と絡めてペースト状にまとめ、火からおろします。

                    トマト水煮缶の場合は少し煮詰めてください。

                     

                     

                     

                     

                    先ほど急冷した圧力鍋のふたをとります。

                    ここでものすごい濃厚な魚の香りが立ち上るのが醍醐味。

                     

                     

                     

                     

                    野菜をいためた鍋に圧力鍋の中のスープを濾しながら注いでいきます。

                    お玉の底をぎゅうぎゅう押し付けながら少しずつ絞るようにすると無駄がないです。

                    骨までほろほろになっていてまさにでがらしって感じになってます。

                     

                     

                     

                     

                    スープを全部いれたら再度火にかけ、サフランをワインごと鍋に入れます。

                    カップにサフランの色が残っているので

                    残りのワイン100ccでそれをすすいでいれると無駄がありません。

                    塩やコンソメで味を調えて少し煮詰めるとスープのベースは完成。

                    ここにアサリや海老や魚の身をいれて火を通すと

                     

                     

                     

                     

                    ブイヤベースの完成です。

                    立ちのぼる海の香り!濃い魚介のエキス!ものすごい御馳走感!

                    これがあると2人でワイン1本くらい余裕です。

                    悔やまれるのは冷凍庫にぱんぱんに入っているイカを入れ忘れたことくらいです。

                     

                     

                    これを作り始めてから魚を釣って帰るのが更に楽しみになりました。

                    いや〜釣りっていいもんですよね。

                    早くまた海に行きたいな。

                     


                    楽しい夏の工作

                    0

                      JUGEMテーマ:魚釣り

                       

                       

                      最近、ひとつテンヤに使う活海エビを漁師さんから直接買うことが多くなりました。

                      店で買うのと違うところは大きさが無選別なので小さい海老が多く混ざることです。

                      小さい海老はひとつテンヤには使いづらいのでなんとかなんないかなと常々思っていました。

                       

                       

                       

                       

                      一応、小さい海老が使えそうな仕掛けも発売されていて使ったことありますが

                      いまいちしっくりこないというかぶっちゃけこれホンマにテストしたんかと私は思いました。

                       

                       

                       

                      で、普段から色々と考えてはいたのですが、先日釣り具屋でこんなシンカーを目にして

                       

                       

                       

                       

                      あ、これ、もしかしてすごくいいんじゃないのと思い、買って帰ってちまちまと工作。

                       

                       

                       

                       

                      こういうものが出来上がりました。

                      作ったはいいけどやはり試してみんとね。

                       

                       

                       

                       

                      なので、こないだの土曜日にしまなみ方面にいそいそと出撃。

                      今回も遭遇率のやたら高いS本さんとご一緒しました。

                      事前に乗り合わせることが分かっていたので今回はうちも発泡酒を持参です。

                       

                       

                      狙いのアコウさんは夏休みに入ったのか、あまり反応がよくありません。

                      しかし食べごろの真鯛がそれなりに釣れます。

                      エサ取りのアタリも多く使い勝手のよいサイズの海老が少なくなってきたので

                      いそいそと自作の仕掛けを投入してみました。

                      さあ、魚を連れてくるんだ。

                       

                       

                       

                       

                      やった!釣れたよ!

                       

                       

                      い、いや!違うんだ!グチしか釣れなかった訳ではなくて写真がこれしかないんだ!

                      実際はちゃんと鯛も釣れていますよ!

                       

                       

                      狙いのアコウは渋々で船中でもキープサイズは2、3匹しか上がってなかったんですが

                      食べごろの真鯛が夫と合わせて10以上は釣れて満足のいく釣行になりました。

                      そんでこの仕掛けをみた船長の絶賛を受けて、私超いい気分。

                      うん、この仕掛けはかなりいいと自分でも思います。

                      まだ改良点はあるにしてもかなり使い勝手がいいことは間違いない。

                       

                       

                      ということでさらに私の工作は続きます。

                      次回はもっと完成度を上げてまたチャレンジしようっと。


                      ハンターと行くひとつテンヤ&青物

                      0

                        JUGEMテーマ:魚釣り

                         

                         

                        春に続いてハンター釣行にご一緒させていただきました(・∀・)

                        今回はひとつテンヤと(出れば)ナブラ撃ちと(いれば)青物ジギングです。

                        道具が多くて大変だけど気合充分で準備をしました。

                         

                         

                        で、当日、朝6時に港に集合。

                        ”ハンター釣行に釣り日和は皆無”と言われているとおり、結構な雨が降ってきました。

                        さっきまで降ってなかったじゃん…と言いたいところですが

                        ハンター釣行は 天候が荒れて修行or晴れてるけど魚釣れなくて修行 のほぼ2択。

                        どっちに転んでもなんらかの修行の要素は盛り込まれるようなので

                        それならまだ雨のがええよなー と思っていると

                         

                         

                        船長 昼くらいから風吹くよ

                         

                         

                        風まで吹くんかい。

                        でもまあいいやと船に乗り込みました。

                         

                         

                         

                         

                        小雨が降ったりやんだりでどんよりしまくりな瀬戸内海。

                        光量が少ないから魚の活性が上がらないかも…とちょっと心配な私。

                         

                         

                         

                         

                        ナブラを探しつつポイントに向かいますが

                        残念ながら朝の部のナブラは気配がありません。

                        よしそれではひとつテンヤだ、さあエビよ私に魚を連れてくるんだ。

                         

                         

                        しかし、やはり活性がイマイチなのかアタリがありません。

                        そんなK本さんがデカアコウをGET。

                        おおでかい。これは50UPやっちゃったのでは!?

                        さすが我が家で神と呼ばれる漢だけのことはあります。

                         

                         

                        実測すると49センチ。惜しいッ!実に惜しいッ!!

                        しかしK本さんはすっかり気が楽になって今にも鼻歌でも歌いだしそうです。

                        一方私のエビにはなんの反応もなくピチピチの新鮮さを保って上がってきます。

                        せめて噛まれるくらいはしてこいよ。

                         

                         

                        すっかり余裕のK本さんはおいといて船内では苦戦している人もチラホラいます。

                        それでもぽつりぽつりとみなさんイチヌケしていく中で

                        ミヨシでずっとがんばっていたK川さんに待望のヒットがありました。

                        喜ぶK川さん、みんなが今か今かと魚が上がってくるのを見守りましたが

                         

                         

                        (参考画像)

                         

                         

                        あがってきたのはメスのブーコーでした…。

                        K川さんが”ブログ用に写真どうですか”と言ってくれましたが即座にお断り。

                        そして隣で釣っていたK本さんに K川さんメスのコブ釣れたよ とお知らせしたところ

                         

                         

                        K本さん 今、嫁を探しよるけんメスコブでちょうどええんじゃないん

                         

                         

                        と血も涙もないような暴言吐いてて笑いました。

                        しかしこのK神さまの発言が元でK川さんの嫁の条件に話題が移り、

                         

                         

                        K本さん 働き者の嫁がええらしいよ

                        K川さん そそ 働き者の嫁さんがええ

                        船長   働き者いうてもどの程度っていうのがあるじゃん?共働きOK とか

                        K川さん んーとね

                         

                         

                        K川さん 理想的には俺がヒモ、みたいな?

                         

                         

                         

                        最低な発言キタコレ。

                        みんなにそれならコブダイ嫁にしとけやとか言われてて笑いました。

                         

                         

                        そんなK川さんはメスコブをさらにもう一匹水揚げし、コブモテ度を加速させていきます。

                        ブログにするにはオスコブの80オーバーくらいじゃないとねー などど

                        私とK本さんに言われたい放題言われていたら

                         

                         

                         

                         

                        サカタザメとか…超微妙なものを水揚げ。

                        でもとりあえずお写真いただきました。

                         

                         

                        私    ブツ持ちしてる時にエイに刺されてくれるとブログ的においしいんですが

                        K川さん これ刺しません…

                         

                         

                        なーんだ、刺さないのか。

                         

                         

                        そんなこんなで風が強くなったり、青物を狙って3匹水揚げがあったりしているうちに

                        あんなに曇っていた空が晴れあがり、すっかり夏の空になりました。

                        もう梅雨明けだねぇ、といいつつ午後3時半に納竿。

                         

                         

                        我が家の釣果はアコウ4、鯛3、ワニゴチ1(他、ちゃりこなどリリース多数)

                        みんなでワイワイ言って楽しい釣行でした。

                        ハンターのみなさんありがとうございました。




                        1/21 >>

                        ブログ村

                        海快晴

                        selected entries

                        categories

                        archives

                        recent comment

                        • お年玉的なもの
                          ぐりこ
                        • お年玉的なもの
                          かっちん
                        • 良い一日(12/3 ウマヅラ&タチウオ)
                          ぐりこ
                        • 良い一日(12/3 ウマヅラ&タチウオ)
                          かっちん
                        • 神と呼ばれて(11/26 ウマヅラ)
                          ぐりこ
                        • 神と呼ばれて(11/26 ウマヅラ)
                          S田
                        • 手はべたべたになります
                          ぐりこ
                        • 手はべたべたになります
                          かっちん
                        • 人生初&今季初
                          ぐりこ
                        • 人生初&今季初
                          かっちん

                        links

                        profile

                        search this site.

                        others

                        mobile

                        qrcode

                        PR